憲法の良いとこ発見しませんか?


by sasakitosio

 増額では理解得られぬ 思いやり予算

  12月21日付東京新聞社説に、「増額では理解得られぬ」との見出しで、思いやり予算のことが載った。
 今日は、この社説を学習することにした。
まず社説は、「在日米軍駐留経費の日本側負担、いわゆる「思いやり予算」が増額される。日本側の減額要求は米側に受け入れられなかった。日本の財政状況は厳しさを増している。国民の理解は得られるか。
 日米安全保障条約に基づく日米地位協定は、日本国に駐留する米軍に対して、日本側は基地や訓練場をなどの施設・区域を提供するが、駐留に要する経費は米側が負担していることを定めている。
 思いやり予算は、地位協定上、米側が負担すべき駐留経費を日本側が代わって負担するもので、円高や米国の財政赤字などを背景に1978年度どから始まった。当時の金丸信防衛長官が「思いやりを持って対処する」と答えたことにちなむ。
 地位協定上、日本側に負担義務はないことを、先ず確認しておく必要がある。」と切り出した。
 つづけて社説は、「政府は16日、2016年度から5年間の思いやり予算について総額9465億円、年平均1893億円とすることで合意したと発表した。15年度までの5年間に比べて1.4%、総額で133億円の増となる。
 在日米軍施設で働く日本人労働者の人件費、米軍の高熱水費などに充てられ、人事院勧告によっては、さらに膨らむ可能性が高い。
 日本側は、厳しい財政事情や安保関連法成立による自衛隊の任務拡大などを理由に減額を求めた。
 しかし、米側はアジア・太平洋地域重視のリバランス(最均衡)政策に伴い、最新鋭イージス艦を日本に追加配備することなどを理由に増額を譲らず、日本側が最終的に譲歩したという。
 思いやり予算は、99年度の2756億円をピークに減っては来ている。しかし、消費税率10パーセントへの引き上げが17年4月に迫り、社会保障水準の切り下げも続く。そうした厳しい状況下で、国民の理解が得られるだろうか。」と指摘した
 さらに社説は、「在日米軍駐留に伴う日本側負担は思いやり予算にとどまらない。
 米軍施設の借料や基地周辺対策費、訓練施設の移転などの米軍再編費用をふくめれば総額は年5千億円を超す。
 防衛省以外の省庁が所管する基地交付金などを加えれば7千億円という巨額の予算だ。」と指摘した。
 最後に社説は、「防衛費は安倍内閣の下で増え続け、16年度予算案では初めて5兆円を超える見通しだという。厳しさを増す国際情勢に対応ふる必要はあるとしても、財政規律や社会保障を犠牲にしていいわけではない。
 在日米軍や自衛隊の予算が妥当な水準か、常に検証が必要だ。」として締めくくった。
 読んで勉強になった。
 そして、歴代政府・政権のアメリカへの従属的姿勢に、日本の国民が可哀そうすぎると思った。
 「地位協定上、日本側に負担義務はない」のに、毎年7千億円もの巨額の税金をアメリカ軍のために使っていて、基地内の火災に日本の消防が手を出せず、アメリカ兵の日本国内での犯罪を日本の法律で裁けない等の情けない状態を、何も解決できない。
 この点では、日本はまるでアメリカの植民地をやっているようなものではないか、戦中生まれで、日本国憲法下で生きてきた日本人として、実に情けない思いだ。
[PR]
トラックバックURL : http://sasakitosi.exblog.jp/tb/22701425
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by sasakitosio | 2015-12-25 06:50 | 東京新聞を読んで | Trackback