憲法の良いとこ発見しませんか?


by sasakitosio

障害者雇用 ちょうちん製造 工夫輝く

 11月29日付朝日新聞朝刊7面に、「波聞 風聞」という欄がある。筆者は、編集委員・安井孝之氏だ。
 今日は、この筆者に学ぶことにした。
 まず筆者は、「勤め人がちょいと一杯と集まる串カツ屋の軒先に、黄色いちょうちんがぶら下がっていた。
 東京・大井町駅近くの飲み屋街。ちょうちんはサントリー「角ハイボール」の拡販商材である。昨年2月からのキャンペーン以降には全国の居酒屋に計2万5千個がぶら下がった。
 製造したのは宇佐ランタン(大分県宇佐市)。年に25万個以上つくるトップメーカーだ。2年前の夏、サザンオールスターズの復活コンサートも、宇佐のランタンのちょうちんが雰囲気を盛り上げた。従業員14人の会社だが、業界では一目置かれる存在である。」と切り出した。
 つづけて筆者は、「短い納期で大量生産する姿勢を築いたことだけが、評価されているのではない。14人のうち8人は知的障害者を雇う。障害者の法定雇用率2%を大きく上回り、60%に迫る。
 会長の谷川忠洋さん(77)がちょうちん製造を始めたのは1973年。妻と2人の家内工業だった。仕事が波に乗ってきた81年、福祉施設で働く知人に、障害者を雇わないかと打診されたのが転機になった。
 谷川さんには障害者雇用で地域貢献するという気概があったが、ことは簡単ではなかった。
 ちょうちんづくりは①型組み②生地張り③乾燥の3工程を、普通は一人でこなすので、覚える仕事は多い。ただ障害者を職場に入れると、一つの仕事に短時間、集中できることが分かった。谷川さんは3工程を分業し、流れ作業の製造ラインをつくった。
 職人技が必要な型組では、作業が関単にできる器具を、大分大学とともに開発した。自動化も進めた。仕掛り品を楽に運べる装置を自社揮発した。
 今では、健常者と障害者が同じ仕事をし、大量生産できるようになった。黒字が定着するまでに十数年の時間を要した。
「受け入れる決めたからには,意地でも黒字を実現したかった」と谷川さん。赤字の穴埋めに投じた私費が、一時は年間売上高を上回ることもあった。」と教えてくれる。
 最後に筆者は、「障害者は正社員として働き、健常者とほぼ同等の給料得て自立した。一方、障害者が働きやすい工場は、健常者にとっても楽に働ける職場だった。全体の生産性はあがっていった。
 <面倒だが雇ってあげる。仕事を教えてあげる>。そんな思いが知らぬうちに谷川さんに芽生えた時期もある。笑顔を見せていても、不良品が多い、とイライラしていたのだろう。
 そんな時、「おっちゃん、こわい」と彼らに内面を見透かされ、「私の方に傲慢さがあった」と気づいた。
 「困難な現実は、よりよいシステムを考える力の源泉です」と谷川さんは話す。一人ひとりに個性があり、能力も違う。それらを包み込む仕組みは、新しい価値を生み出すと信じたい、」として締めくくった。
 読んでためになった。
 「困難な現実は、よりよいシステムを考える源泉です」との谷川さんの言葉は、困難な現実を立派に乗り越えた「人」だからいえる「すばらしい言葉」だと思った。
 また、宇佐ランタンは「従業員14人中8人は知的障害者で、障害者の雇用率は60%」とのこと、
 「障害者は正社員として働き、健常者とほぼ同等の給料を得て自立した」とのこと、
 「障害者が働きやすい工場は、健常者にとっても楽に働ける職場だった」とのこと、等は素晴らしいことだと思った。
[PR]
トラックバックURL : http://sasakitosi.exblog.jp/tb/22611487
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by sasakitosio | 2015-12-04 18:59 | 朝日新聞を読んで | Trackback