憲法の良いとこ発見しませんか?


by sasakitosio

高齢者ドライバー

 11月7日付東京新聞朝刊27面に、「本音のコラム」という欄がある。筆者は、作家・楊逸氏だ。
 今日は、この筆者に学ぶことにした。
 まず筆者は、「高齢者ドライバーによる交通事故が頻発している。先週、JR宮崎駅前で死傷者6人をだした惨事が起きた。加害者となった73歳の男は認知症患者で、ちょっと前まで入院していたとか。」と切り出した。
 つづけて筆者は、「私は運転免許を持っていない。それでも旅行好きで、交通が不便な地方や海外に行くと困ることが多い。周りからは「取った方が良い」と勧められ、自分でもとったらどんなに楽しくなるかと、真剣に考えることがある。
 しかし、、いざ行動に移そうとすると、踏みとどまってしまう。
 自信がないからだ。好奇心が旺盛なせいか、道を歩くとき右をキョロキョロ、左をキョロキョロ、あまりまっすぐ向いておられず、たまに人とぶつかったりしてしまう。
 そう、生まれつき前をじっと見るのが苦手なのだ。クルマなんか運転しようものなら、自分のも含めて、いくつもの人生を壊してしまうことか。そう思うと、免許取得に二の足を踏んでしまう。」という。
 最後に筆者は、「若いころからウン十年も車に乗り続け、腕に覚えのある人には、年齢とともに自信が過信になるタイプもいるようだ。
 たしかに「車がなければ生活できない」という地域は少なくない。対策はさまざま必要なのだろうが、なにより危険に対する本人の自覚と、家族の協力がやはり重要なのではないか。」として締めくくった。
 読んで、いくつか考えた。
 認知症の施設を訪ねて、入所者の御顔を拝見すると、皆さんいい顔をされている。ホトケノ姿を見るような人もいる。
 だから、想像できないような「交通事故」を起こした人が、たまたま認知症だったことで、認知症の人に対する良くない「イメージ」が広がることを、心配している。
 自分は70過ぎても、毎日10キロ前後、紅葉マークをつけて運転はしている。ときに、怖い思いをすることがある。
 もらい事故も含めて、120%事故に遭わないように気を付けなければと、記事を読んであらためて思った。 
[PR]
トラックバックURL : http://sasakitosi.exblog.jp/tb/22478470
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by sasakitosio | 2015-11-09 13:29 | 東京新聞を読んで | Trackback