憲法の良いとこ発見しませんか?


by sasakitosio

違憲の法律従えず

 9月21日東京新聞朝刊1面に、「「戦える国」に変質 言わねばならないこと」という欄がある。
 発言者は、元経済企画庁長官・田中秀征氏だ。
 今日は、この発言者に学ぶことにした。
 先ず発言者は、「私は今回成立したとされる安全保障関連法を法律として認めるつもりはない。憲法違反の法案は国会で可決されたからといって、合憲にはならないからだ。
 勿論違憲立法は無効、政府がそれに基づいて国民や自衛隊に義務を課し、協力を求めても従う人は少なくなる。
 事の始まりは先の昨年7月の集団的自衛権行使容認の閣議決定だ。ここから集団的自衛権行使に向かう安保法制の整備、ガイドライン(日米防衛協力の指針)の改定への異様な突進が始まった。」と切り出した。
 つづけて発言者は、「 安倍晋三首相は米議会での演説で、安保法制を「戦後最大の改革」と豪語し、新ガイドラインを「真に歴史的な文書」と自賛した。
 しかし、それならば、なぜ憲法改正と日米安保条約の再改定という当然の王道を通らなかったのか。
 60年安保の世代の私は、今回の改革がそれを上回る「戦後最大の改革」であることに異議はない。ならば、なぜ祖父である岸信介元首相のように正々堂々と改革の王道を進まないのか。まるで正門が開いているのに、わざわざ裏門からこそこそ潜入した印象だ。
 われわれは違憲な法律は認めないとともに、昨年の閣議決定を撤回し、この法律を全面的に見直すことを目指さなければならない。
 昨年の総選挙で民主党などは「閣議決定の撤回」を目玉に公約した。民主党が全滅しなかったのは、この公約によるものだろう。確かに「撤回」は困難だが、不可能ではない。それを期待させる新しい動きも始まっている。」と指摘した。
 最後に発言者は、「思いあまって街頭に出た学生など多くの有権者に、あしき流れに待ったをかける底力を感じた。日本の政治を今の政府や国会にまかせておいたら、劣化が深まるばかりだろう。
 今回の事態が政治刷新のまたとない機会となれば、災い転じて福となすことができよう。」として締めくくった。
 読んで勉強になった。
 「憲法違反の法案は国会で可決されたからといって、合憲にはならない。」との指摘は、その通りなのに、なぜか新鮮に感じた。従わないということは、選挙に行って法案に賛成した政党や議員にノーを突きつけ、安倍内閣を倒すこと、自民党公明党を下野させること、法が適用されたときは違憲訴訟を起こすこと等等、手段を尽くし、「昨年の閣議決定を撤回し、この法案を全面的に見直す」ことを目指すことになる。
 「今回の事態が政治刷新のまたとない機会」として災いを転じて福となすために、じじばばも足腰伸ばして、ぼちぼちがんばろう!! 
[PR]
トラックバックURL : http://sasakitosi.exblog.jp/tb/22214697
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by sasakitosio | 2015-09-23 19:13 | 東京新聞を読んで | Trackback