憲法の良いとこ発見しませんか?


by sasakitosio

欧州への難民 世界規模で対応を急げ

 9月11日付朝日新聞社説に、「世界規模で対応を急げ」の見出しで「欧州への難民」についての事が載った。
 今日はこの社説を学習することにした。
 まず社説は、「中東やアフリカから欧州に向かう難民や移民の流れが止まらない。その数は今年だけで30万人を超え、昨年の総数約22万人をすでに上回っている。
 多くはシリアなどから戦火を逃れた人々だ。エーゲ海や地中海を渡り、陸路でドイツや北欧をめざす波となっている。
 その保護と受け入れは、一刻を争う人道問題である。最前線の現場である欧州各国にまず一体的な取り組みを望みたいが、同時に世界規模で緊急対応する道を探るべきだ。」と切り出した。
 つづけて社説は、「すでにカナダや豪州、南米諸国などが受け入れを表明している。欧州を率先するドイツを筆頭に、難民救済の決断は重く、評価に値する。米国や日本を含む他の主要国も、早急に世界の難民救援策を出すべきだ。
 欧州への難民の流れは、中東の「アラブの春」を機に、2011年頃から急増した。北アフリカから地中海を渡る人が多かったが、今年に入ってトルコからギリシャ経由で旧東欧へ入るルートが中心になった。
 その途中で痛ましい事故も続いている。8月には、オーストリアで冷凍トラックに乗っていた70人以が死亡した。今月トルコの海岸に流れ着いた3歳児の写真が衝撃を与えた。
 欧州連合は今週、16万人を加盟国に割り当てる案を出した。受けいれ実績の豊かな欧州といえども、習慣や文化のことなる人々を迎える戸惑いは市民の間に根強い。
 移民排斥を訴える右翼などの反対運動もある。
 それでも、ドイツに続き、英国、フランスなどが受け入れを拡大する方向で動いているのは歓迎すべき流れだ。」と教えてくれる。
 さらに社説は、「国連は今月下旬の定例総会の際、この問題をめぐる高位会合を開く。より迅速な対応のために、ドイツとフランスが主導して多国間で調整する国際枠組みを検討してもいいだろう。
 難民問題は、今の世界で最も深刻な危機の一つである。
 内戦状態が4年以上続くシリアだけでなく、アフガニスタンやソマリアなど各地の混沌から逃れる人々は長年、後を絶たない。
 難民の最大の流入先になっているトルコやパキスタン、レバノンなど、紛争の近隣地域での難民支援も急がれる。紛争自体の収拾を目指す国際努力も一層強めねばならない。」と指摘した。
 最後に社説は。「日本にとって、地球規模での対応が迫られる難民問題こそ、積極的平和主義と呼ぶにふさわしい分野ではないか。
 日本が昨年1年間に認定した難民11だった。国際責任を果たすうえでいま、何ができるか、真剣に考えるべきときだ。」として締めくくった。
 読んで勉強になった。
 昨年の欧州への難民総数22万人で、日本で昨年一年間で受け入れたのは11人とのこと。この差は何だろう。
 社説は、「難民問題は、今の世界で最も深刻な危機の一つである」と指摘しているが、国を捨てる人々の気持ちも、国を捨てさせる為政者の気持ちも、平和な島国で暮らす普通の日本人には、なかなか理解しがたい問題ではないか。
 それは、日本国には入るにも出るにも、海という自然の障壁、(漢字平仮名カタカナローマ字を駆使する)日本語という世界一むずかしい言語の障壁、等があるから。
 しかし、少子高齢化、グローバル化の中で、難民問題を人口移動・労働者確保・消費者確保という視点で前向きにとらえ、取り組めないものだろうか。
[PR]
トラックバックURL : http://sasakitosi.exblog.jp/tb/22175945
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by sasakitosio | 2015-09-16 11:48 | 東京新聞を読んで | Trackback