憲法の良いとこ発見しませんか?


by sasakitosio

安保法制 NGOの危惧にも耳を

 8月31日付朝日新聞社説に。「NGOの危惧にも耳を」の見出しで、安保法制のことが載った。
 今日は、この社説を学習することにした。
 まず社説は、「新しい安全保障法制の行方が自分たちには死活問題だとして、大きな危惧を抱いている人たちがいる。世界各地で難民支援などに携わるNGO(非政府組織)の関係者だ。
 一連の法案に、武装集団に襲われたNGO職員らのもとに自衛隊員が駆けつけて警護できるようにするPKO協力法の改正も含まれている。安倍首相は国会で「自衛隊の近くでNGOが武装集団に襲われた場合でも、自衛隊は駆けつけて救援できない。これでいいのか」と述べ、改正はNGOのためになる。
 だがNGOの中には、自衛隊が他国軍への兵站(後方支援)などで活動範囲を大幅に広げることが、やがて自分達の活動の障害になりかねないとの危機感が強い。」と切り出した、
 つづけて社説は、「国家審議をにらみ、この思いを共有するNGOが連携する「NGO非戦ネット」を発足させ、これまで58団体と450人が賛同者に名を連ねた。
 同ネットが先に発表した声明は、自衛隊の海外での活躍が拡大すれば、平和国家としての日本のイメージが一変し、「NGOの活動環境はは著しく危険なものに変わることは明らかだ」として廃案を訴えている。」と教えてくれる。
 さらに社説は、「長年の内戦を経て南部が独立したスーダンで、07年から人道支援に携わってきた日本国際ボランティアセンター(JVC)の今井高樹・スーダン現地代表は、その背景を次のように説明する。
 アラブ諸国への軍事介入も辞さない欧米と違い、日本は友好的な国とみられている。欧米NGOがスパイと疑われてしまうのに対し、日本の活動は純粋な人道支援だと評価されている。こうした中、自衛隊が他国軍の後方支援などすれば、欧米に向けられているのと同様の敵対感情が日本のNGOにも向けられかねない。
 今井さんは11年、政府軍と反政府軍の戦闘に巻き込まれ、事務所が略奪にあった。非武装の国連車両に救援されて郊外へ脱出した。そんな経験から、各国勢力が入り乱れるような市街戦の現場に自衛隊が救援に入ることも現実的でないと語る。」と教えてくれる。
 最後に社説は、「こうした現場の声は、これまでの国会審議で十分反映されてはいない。
 一連の議論では、同盟国との連携強化という「軍」の論理が重視され、国際貢献の一翼を担うNGOなどの「民」の視点が欠け落ちている。
 これも、多岐にわたる法案を短期間に一括審議しようという無理が生んだひずみである。」として、締めくくった。
 読んで勉強になった。
 社説にある「アラブ諸国への軍事介入も辞さない欧米と違い、日本は友好的な国とみられている。欧米のNGOがスパイと疑われるてしまうのに対し、日本の活動は純粋な人道支援だと評価されている。」との指摘は、日本国民の命を本当に守るというのであれば、重く受け止め、具体的に法案に生かさなければならない、と思った。
 また社説の「一連の議論の中で、国際貢献の一翼を担うNGOなど「民」の視点が抜け落ちている」との指摘は、その通りだと思った。
[PR]
トラックバックURL : http://sasakitosi.exblog.jp/tb/22112739
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by sasakitosio | 2015-09-04 07:43 | 朝日新聞を読んで | Trackback