憲法の良いとこ発見しませんか?


by sasakitosio

日本人はまさに、人類の「守り人」です

 8月22日付朝日新聞朝刊13面に、「核と命を考える 被曝70年の広島から」の欄がある。
 構成は、元国際司法裁判所裁判長・モハメド・ベジャウィさんへの、大阪女学院大学教授・黒沢満さん。同志社大特別客員教授・位田隆一さん、の2氏がインタビューしたものだ。
 中でも記憶に残ったのは、「位田氏の「日本国民と政府は今後どうすべきでしょうか」の問いに対し、ベジャウィ氏は「広島・長崎と福島。日本人は、核の軍事利用と民生利用の結果がもたらした両方の被害を、世界で唯一経験しました。
 これは想像絶する異常な経験です。この二重の核被害という経験によって、人類に重要なメッセージを送る資格が与えられました。
 日本人はまさに、人類の「守り人」です。
 日本の皆さんは、我々の狂気にに対して、我々すべてに対して注意を与えてくれる存在です。
 人類全体が日本人に敬意を表すべきです。
 世界で唯一、二重の核被害に生き延びた存在なのですから。」とのくだりだ。ここのところは、是非為政者に読んでもらいたいところだ。
 ただし、二度の核被害を生き延びたことが、核の被害を甘く見ることにつながることの無いように願いたい。
[PR]
トラックバックURL : http://sasakitosi.exblog.jp/tb/22063441
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by sasakitosio | 2015-08-22 11:33 | 朝日新聞を読んで | Trackback