憲法の良いとこ発見しませんか?


by sasakitosio

川内原発  なぜ説明できないの?

 7月10日付東京新聞社説に、「なぜ説明できないの?」の見出しで、川内原発再稼働の事が載った。
 今日は、この社説に学ぶことにした。
 まず社説は、「避難計画のあいまいさ、予知不能の火山・・。多くの不安や疑問を置き去りにしたままで、九州電力川内原発(鹿児島県)は再稼働へ突き進む。安全に自信があるなら、なぜ説明に応じないのか。
 聞く耳を持たぬとは、このことか。時代劇でも見るようだ。
 今年3月、鹿児島県内の百近い市民団体で組織した実行委員会が、約10万人の署名を携え、福岡市内の九州電力本店に、対話を求めて訪れた。
 住民側が要望したのは、次の3点だった。
 ①3.11後に国の指針で避難計画の策定を義務づけられた川内原発30キロ圏内の9自治体で、住民説明会を開催すること
 ②再稼働について、9自治体の正式な議決を求めること
 ③住民の要望があれば、30キロ圏外でも、説明会を開催すること。
 不安に答えるに、無理な要求とは思えない。
 「頭から再稼働反対を訴えるつもりはない。対話を求めて落としどころを探りたい」という住民側の姿勢にもうなづける。」と切り出した。
 しかしこれらは広報担当の段階で、ことごとく拒否された。
 屋久島や種子島など県内6市町の議会が求める住民説明会の開催にも、九電は応じていない。
 電力側が寄って立つのは、3.11後の新規制基準に適合したという原子力規制委員会の判断だ。
 「あくまでも規制委の基準に沿って、再稼働を進めていく」と、人ごとのように繰り返すだけの政府が、後ろ盾になっている。
 ところが当の規制委は「安全を保証するものではない」とこちらも繰り返す。
 万一の責任は誰が取ってくれるのか。」と指摘した。
 最後に社説は、「福祉の現場や専門家などからも、避難計画の不備や周りに多い火山対策の甘さを指摘する声が引きも切らない。
 ヨウ素剤の配布や避難計画が必要になるものは、そもそも動かすべきではない。
 遠くない口の永良部島の突然の噴火で、住民の不安は増した。
 広範囲の住民がより詳細な説明を求めるのは当然で、九電にはその責任があるはずだ。
 火山対策についても、巨大噴火の兆候がもしあれば、原子炉を停止して核燃料を運び出せるという。
 川内原発1号機では、核燃料の装填作業が始まった。24時間体制で4日がかりの作業である。
 噴火の予測はかなうのか。
 燃料を運び出す余裕はあるか・・・。
 素朴な疑問に十分な答えが出せない限り、再稼働は許されない。」と締めくくった。
 読んで、「住民の要望を広報担当の段階でことごとく拒否した」東電、「あくまでも規制委の基準に沿って、再稼働を進めていく」と人ごとのように繰り返す政府、「安全を保証するものではない」と繰り返す原子力規制委員会、国民はこぞって「万一の責任は誰が取ってくれるのか」と怒っているはずだ。
 こんな無責任な人たちを、国の指導者としたこと、しておくことが、「日本国家・国民」にとって目下最大の、不幸事態、不安事態、危機事態、民主主義の絶滅事態のような気がするが?
[PR]
トラックバックURL : http://sasakitosi.exblog.jp/tb/21942825
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by sasakitosio | 2015-07-12 06:16 | 東京新聞を読んで | Trackback