憲法の良いとこ発見しませんか?


by sasakitosio

自民の傲慢は度し難い 異常な「異論封じ」

 6月27日付朝日新聞の社説に、「自民の傲慢は度し難い」の、見出だしで、安倍首相に近い自民党若手議員の勉強会での議論が載った。今日はこの社説に学ぶことにした。
 まず社説は、「これが、すべての国民の代表たる国会議員の発言か。
 無恥に驚き、
 発想の貧しさにあきれ、
 思い上がりに怒りを覚える。
 安倍首相に近い自民党若手議員の勉強会で、出席議員が「マスコミを懲らしめるには広告料収入がなくなるのが一番。経団連に働きかけてほしい」
「悪影響を与えている番組を発表し、そのスポンサーを列挙すればいい」などと発言していた。
 権力を監視し、検証して批判する。民主主義国の新聞やテレビならば当たり前の仕事である。
 それに対して、政権与党の議員が「反論」でも「批判」でもなく、「懲らしめる」というのだから恐れ入ってしまう。
 「懲らしめる」制裁を加えて、悪いことをもう二度としないという気持ちにさせる(「明鏡国語辞典」)」と教えてくれる。
 つづけて社説は、「正義は我にあり、気に入らない言論に圧力をかけ、潰してしまって構わないーーー。有志による非公式な会であっても、報道の自由、表現の自由を脅かす発言を見過ごすわけにはいかない。
 勉強会には加藤勝信官房副長官や、首相側近の萩生田光一総裁特別補佐も出席していた。
 谷垣幹事長は「クールマインドでやってほしい」と他人事だが、党として事実関係を調査し、厳正に対処すべきだ。
 さらに講師として招かれた、前NHK経営委員で、作家の百田尚樹氏が「沖縄の二つの新聞社は潰さないといけない」
 「米兵が犯したレイプ犯罪よりも、沖縄県全体で沖縄人自身が起こしたレイプ犯罪の方が、はるかに率が高い」などと発言している。
 地元に二紙については出席議員も「左翼勢力に完全に乗っ取られている。沖縄の世論の歪み方を正しい方向に持っていく」と主張したという。
 沖縄県民全体に対する明らかな侮辱である。ところが、きのうの安全保障関連法案を審議する衆院特別委員会で、、民主党の寺田学氏に、百田氏の話を聞いた感想を加藤副長官は、「大変拝聴に値すると思った」と答えた。
 首相は「事実であるなら大変遺憾」としたものの、「沖縄の人たちにおわびすべきではないか」との寺田氏の指摘には「言論の自由こそが民主主義の根幹であり、当然尊重されるべきものだ」と一般論で応じた。」と教えてくれる。
 最後に社説は、「傲慢と怠慢。安保関連法案をめぐってリスク議論が盛んだ。しかし、異論には耳を貸さず、力で踏みつぶせばいいのだという政治家に、国民の生死がかかった判断を委ねてしまうことこそ、最大のリスクだ。」と締めくくった。
 読んで勉強になった。
 「権力を監視し、検証して批判する。民主主義国の新聞やテレビならば当たり前の仕事である」との社説の指摘は、その通りだ。若手の自民党の国会議員 の「無恥に驚き、発想の乏しさにあきれ、思い上がりに怒りを覚える」と社説はいうが、それに対し首相は「言論の自由こそが民主主義の根幹であり、当然尊重されるべきものだ」と一般論を言っているとのこと。
 ここは、老いも若きも、自民党の国会議員は、朝日新聞社説のいう「無恥、発想が乏しく、思い上がり」の集団だという言うことを、自ら証明しているような気がした。
[PR]
トラックバックURL : http://sasakitosi.exblog.jp/tb/21916764
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by sasakitosio | 2015-07-01 07:02 | 朝日新聞を読んで | Trackback