憲法の良いとこ発見しませんか?


by sasakitosio

罪に見る異文化

 東京新聞6月20日付東京新聞朝刊27面に、「本音のコラム」という欄がある。筆者は、楊逸氏だ。今日は、この筆者に学ぶことにした。
先ず筆者は、「愛知県で川に入ったきり行方不明になった男子高校生が遺体となって見つかった。
 男子高校生に集団暴行した容疑で少年3人が逮捕された。
 男女交際をめぐるトラブルから事件は発展したようだ。最近、少年少女による集団暴行死事件が目だち、少年犯罪の厳罰化が議論になっている。」と切り出した。
 つづけて筆者は、「最近、米国カリフォルニア州の法廷で、中国人留学生による拉致事件についての審理があった。
 その様子が報道されるやいなや、中国で話題を呼んだ。
 事件の被害者と加害者はみなロスアンゼルスに留学中だった中国人の高校生。やはり、男女交際をめぐるトラブルがあったらしい。拉致された被害者の女の子は、監禁された上に、タバコで胸を焦がされ、砂を食わされたと訴えた。暴行を加えたとされる少年少女6人のうち、二人は米国で逮捕され、他の4人はすでに中国に逃げ帰ったという。」と教えてくれる。
 最後に筆者は、「残虐極まりない事件だ。中国の中学高校ではよく暴行事件が起こるという。だが、そのほとんどは警察沙汰になることもなく、学校内でもみ消されてしまう。
 「法治国家」では、それはれっきとした犯罪である。米国では未成年でも場合によっては厳罰になりうる。
 この厳しい対応の「異文化」について中国人がこぞって称賛する。」と締めくくった。
 読んで勉強になった。
「中国の中学高校ではよく暴力事件が起きるという。だがそのほとんどは警察沙汰になることはなく、学校内で揉み消されてしまう」とのこと。初めて知って驚きだ。
 校内暴力の校内もみ消しが、横行する「社会的背景」なんだろうか?
 被害者側にも加害者側にも「人権意識」が希薄なのだろうか?
 共産党一党独裁政権の社会が長く続いためか、それともともとも国民主権はなく、共産党主権なのだろうか?
筆者には、そこのところを是非とも教えてほしいと思った。
[PR]
トラックバックURL : http://sasakitosi.exblog.jp/tb/21892252
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by sasakitosio | 2015-06-21 06:52 | 東京新聞を読んで | Trackback