憲法の良いとこ発見しませんか?


by sasakitosio

「救済」から「必要の充足」へ

 5月28日付朝日新聞朝刊15面に、「あすを探る 財政経済」という欄がある。
 筆者は、慶応大学教授・井手英策氏だ。今日は、この筆者に学ぶことにした。
 まず筆者は、「貧しい人間の「救済」は不要だ。そう言えば読者の多くの人は反発するに違いない。生活保護を大胆に切り下げた安倍政権の閣僚たちでさえ表立ってこうは言わないだろう。
 これまで左派の知識人や政治家は格差を憎んできた。
 資本主義は格差を再生産するというピケティの叫びを福音に思えたし、国際機関が「格差是正は成長の原動力だ」と論じれば学者はこれに飛びついた。
 不正義への異議申し立てはどの時代にも存在する。だが現在、「左派の常識」は必ずしも「国民の常識」にはなっていない。」と切り出した。
 つづけて筆者は、「 2009年の国際社会調査プログラムに「所得格差の是正は政府の責任か」という質問がある。
 賛成と答えた日本人の割合は41か国中5番目の低さだ。
 格差是正には低所得層への給付か富裕層への課税しかない。
 だが08年のOECD調査では、給付による格差改善力は21か国中19位、税の格差改善力に至っては最下位だ。
 最新のデータでも日本の財政による格差改善率は途上国も含めた30カ国中22位という有り様である。
 中高所得層が無関心を決め込み、低所得層の苦痛を黙殺する。そんな社会は他者をどう見ているか。
 07年のアメリカ研究機関の調べでは日本は先進国で最も人々を信頼しない国の一つである。格差に鈍感で人間を信頼しないから、当然他者のための税負担は嫌われる。寛容なき社会は、小規模なのに赤字まみれという奇妙な財政を生み出すした。」と教えてくれる。
 さらに筆者は、「いったいどうすればいいのだろう。多くの日本人は「格差是正=弱者救済」と考えがちだが、格差は中間層を豊かにすることでも是正できる。図のように、教育や医療、福祉と言った人間の「必要」を中間層も含めたすべての層に等しく満たしても格差は縮小する。低所得層に逆進的な負担を求めたとしても、だ。
 日本の社会保障には、「一定の所得を越えた時には」という表現がちちりばめられている。生活保護、医療、児童や高齢者への手当・・・数ええればキリがない。
 受益者と負担者の間に引かれようとした線は、低所得層の受益を不正視する世代「内」対立を助長する。低所得層に限定した再分配は中間層の心理的な抵抗を強めるからだ。
 所得が下がるなか、教育費や老後の生活不安の怯える人々は、貧しい人の利益を切り詰め、自分たちへの「再配分」を訴える。信頼と寛容なき社会は中間層の悲鳴で包まれている。」と指摘した。
 筆者は最後に、「人間が必要とするサービスは所得を制限せず全員居提供する。私はこの考えを「必要主義」と呼ぶ。
 増税してまで余裕のある者に配ればバラマキか。いや、バラマキとは、族議員政治のように借金してまで身内に利益を配り歩くことであって、痛みを分かち合い人間の必要を満たすことではない。
 必要主義は北欧への追随か。違う。昔も今も日本の農村では全員の必要をみんなで助け合って満たしてきた。
 重税国家への道か。これも違う。税を給付に回せば私的な負担はその分軽くなるのだから。
 時に極端な動きを見せる無党派層だが、それは、無駄の削減か、弱者救済か、という二者択一を押し付けられてきた中間層の怒りの抗議でもある。
 所得の多寡は人間の価値を決めない。
 「低所得層の救済」から「人間の必要の充足」へと発想を転換しよう。
 人びとが信頼し合い、次の世代が生きるに値する社会を創り出すことこそがリベラルの責任だ。」と締めくくった。
 読んで勉強になった。
 資本主義は格差を再生産するというピケティの叫びは福音に思えたし、国際機関が「格差是正は成長の原動力」と論じれば学者はこれに飛びついた。」との指摘、
「左派の常識は」必ずしも「国民の常識」なっていない。」との指摘、等は、なるほどと思った。
 また、「受益者と負担者の間に引かれたこうした線は、低所得層への受益を不正視する世代「内」対立を助長する。低所得層に限定した再分配は中間層の心理的な抵抗を強めるからだ。」との指摘もよく分かった。
 ただ、「07年のアメリカの研究機関の調べでは日本は先進国の中で最も人々を信頼しない国の一つである」との指摘は、「信頼」ということば「当てに」に変え、「人々」という言葉は「国家」に変えたほうが、現実にあっているような気がしたが?
 「所得の多寡は人間の価値を決めない。「低所得層の救済」から、「人間の必要の充足」へと発想を転換しよう」との提案は、自由主義的社会主義・共産主義のようなものが誕生しそうな気がした。
[PR]
トラックバックURL : http://sasakitosi.exblog.jp/tb/21847635
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by sasakitosio | 2015-06-03 05:46 | 朝日新聞を読んで | Trackback