憲法の良いとこ発見しませんか?


by sasakitosio

戦争法「平和」で糊塗

 5月16日付東京新聞2面に、「憲法学者の赤ペンチェック」という欄がある。小林節・慶応大名誉教授から、法案の問題をチェックしてもらう内容で、聞き手は中山洋子さんだ。
 まず記事は、「小林氏はまず自衛隊の活動を広げる法案十本を一括した「平和安全法整備法案」のネーミングに眉をひそめる。「戦争に参加するために戦争法を「平和」糊塗している」と危ぶむ。
 外国の軍隊を支援するために自衛隊の随時派遣を可能にする新法「国際平和支援法案」の名も、実態から目をそらさせる「一種の手品の技」と警戒。
 「本来、平和支援とは戦争が終わった後の難民支援や医療支援などのはずだが、この法案で議論しているのは同盟軍の軍事支援。世界が敵と味方に分かれていることを前提に、味方を軍事支援して敵がいなくなることを「平和」と言っている。」」と指摘した。
 つづけて記事は、「十本の法案のうち集団的自衛権の行使を可能にするのは「武力攻撃事態法改正案」だ。日本が直接攻撃を受けていなくても、密接な関係にある他国が攻められることで日本の存立が脅かされるような明白な危険がある事態(存立危機事態)に、自衛隊が海外で武力行使ができるとする。
 どんな事態かピンとこないが、小林氏は「ありうるとしたら朝鮮半島で武力衝突が起こった事態だが、それは従来の周辺事態法の範囲。在日米軍基地も危うくなるだろうから、日本にとっては個別的自衛権の問題」と指摘する。
 その周辺事態法を改正して「周辺事態」という制限はなくす「重要影響事態安全確保法」についても「議論自体がありえない」と憤る。
 「憲法九条一項で侵略戦争は放棄しているが自衛戦争はできる。だが、二項で軍隊と交戦権を放棄しているので、(軍隊ではない)自衛隊は海外で戦争できない」。
 地球のどこへでも行けるとする法案は「憲法九条二項に触れる」と明言する。
 加えてこれらの法案が米軍などの「後方支援」活動を認めていることを問題視。
 米軍にも輸送部隊も修繕部隊も医療部隊もいる。後方支援部隊がいなければ戦争はできない。
 「後方支援」の名でやろうとしているのは戦争参加以外の何ものでもない。米軍の二軍になることだ。集団的自衛権の行使より危ないかもしれない」と説明する。」と教えてくれる。
 最後に記事は、「ややこしい用語や概念に振り回され、国民が納得もできていないうちに法制化が進むことを懸念し、こう繰り返した。
 「憲法九条の下で、どうして海外で戦争ができるのか。
「できない」というのは憲法学者だけではなく、過去五十数年の政府自民党の考えだ。安倍政権はこの肝心な疑問にまったく答えていない」」として、締めくくった。
 読んで勉強になった。
 「平和安全法整備法案」のネーミングは、「戦争に参加するための戦争法を「平和」で糊塗している、との指摘。 
 「国際平和支援法案」の名も、実態から目をそらせる「一種の手品師の技」との指摘。
 米軍にも輸送部隊も修繕部隊も医療部隊もいる。後方支援がなければ戦争はできない。「後方支援」の名でやろうとしているのは戦争以外の何ものでもない。米軍の二軍になることだ、とに指摘。
 これらの指摘は、理解でき納得した。この欄は、特に国会議員に読んで理解してから、法案審議に臨んでいただきたいと思った。そして、万一、法案が強行採決で通ったとしても憲法違反として闘える余地が十分あることも教えてもらった、気がした。
 
[PR]
トラックバックURL : http://sasakitosi.exblog.jp/tb/21802342
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by sasakitosio | 2015-05-20 06:32 | 東京新聞を読んで | Trackback