憲法の良いとこ発見しませんか?


by sasakitosio

負の歴史も込みで

 5月6日付東京新聞朝刊21面に、「本音のコラム」という欄がある。筆者は、文芸評論家・斎藤美奈子氏だ。
 今日は、この筆者に学ぶことにした。
 まず筆者は、「イコモス(国際記念物遺跡会議)の勧告によって「明治日本の産業革命遺産」が、ユネスコ世界文化遺産にほぼ登録される見通しとなった。保存活動に取り組んできた地元の方たちに敬意を表したい。おめでとう!」と、切り出した。
 つづけて筆者は、「「九州・山口の近代化産業遺跡群」の名称で関係自治体が国内の暫定リスト入りを目指していたころから、私はわりとこまめに同遺跡群の遺構を回ってきた。かっては鉄条網のこちら側から「中に入れてくれ!」と叫ぶしかなかった万田坑(熊本県荒尾市、三池炭鉱の遺構)も今やすっかり整備され、2月に再訪した際には立て堅坑櫓の中まで入れて大満足。数年前とは隔世の感がある。
 とは申せ、この遺産群が「明治日本の産業革命遺産」に名称を変え、正式な登録申請に至る過程でニュアンスが微妙に変わっちゃったなとの印象も否めない。「九州・山口の・・・」のころには労働者視点も織り込まれたはずなのに、今度の推薦書では「非西欧地域で最初の産業国家としての地位を確立したこと」ばかり強調していない?」と、指摘した。
 最後に筆者は、「強制労働を理由に登録に反対していた韓国政府には「負の歴史も込みの遺産だ」と説明すべきだが、現政権にそそれができるだろうか。「徴用は第二次大戦中の話」などという文部科学相の反論を聞くと、先が思いやられる。近代化には必ず犠牲が伴う。そのこともお忘れなく。」と、締めくくった。
 「九州・山口の近代化産業遺跡群」から、「明治日本の産業革命遺産」となって、ユネスコ世界文化遺産にほぼ登録される見通しになったとのこと。まずはめでたい。その流れの中で、最近テレビで関係施設の映像の露出が頻繁だ。これも結構なことだ。その時に、筆者の指摘する「負の歴史も込みの遺産だ」との意識はメディアにはまだ無いようで、残念だ。
 負も歴史を込みでこそ、歴史遺産の厚みが出るような気がするが?
[PR]
トラックバックURL : http://sasakitosi.exblog.jp/tb/21771604
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by sasakitosio | 2015-05-08 07:59 | 東京新聞を読んで | Trackback