憲法の良いとこ発見しませんか?


by sasakitosio

言論の府で 異論への異常な圧力

 4月21日付朝日新聞社説に、「言論の府で 異論への異常な圧力」という見出しで、社民党・福島瑞穂氏の発言に対する自民党や安倍総理の対応が載った。
 今日はこの社説に学ぶことにした。
 まず社説は、「言論をめぐる、昨今の自民党の行状が目にあまる。
 1日の参院予算委員会での社民党・福島瑞穂氏の発言について、自民党は「不適切と認めれれるような言辞があった」として修正を求めている。
 福島氏は質問の中で、「安倍内閣が14本から18本以上の戦争法案を出すと言われている。集団的自衛権の行使や後方支援という名のもとに、戦場の隣で武器弾薬を提供することを認めようとしている。」と述べた。
 安倍首相はその場で「レッテルを貼って議論を矮小化していることは断じて甘受できない」と反論した。
 その後、自民党の堀井巌・予算委理事が福島氏に会い、「戦争法案」との表現を修正するように要求。福島氏は拒否し、「国会議員の質問権をこういう形で抑え込もうというのは極めておかしい。表現の自由に関わる」と反発している。」と教えてくれる。
 つづけて社説は、「国会議員の国会内での発言は、国会の外で責任を問われないと憲法に定めている。すべての国民を代表する議員が自由に議論するためだ。それほど尊重されるべきものだ。
 これまでも議員発言が議事録から削除・修正されたことはあるが、国会の権威や人権を傷つけたような場合が通例だ。
 福島氏の発言は、集団的自衛権についての強引な解釈改憲に基づく法整備への、国民の根強い懸念を代弁している。多数意見であろうとなかろうと、国会で尊重されるべき主張である。
 政権側に異論があるなら、議場で反論し、やりとりをそのまま記録に残せばいい。その是非を判断するのは、現在と後世の国民だ。
 多数派の意に沿わない発言だからといって、「一方的だ」という理由で修正させようというのは、数の力を背景とした言論の封殺である。」と指摘した。
さらに社説は、「権力と憲法の関係について、改めて考えたい。
 憲法によって権力の暴走を防ぐ「立憲主義」について、首相はかって国会で「王権が絶対的権力を持っていた時代の主流的な考え方だ」と語った。まるで権力を縛るなど時代錯誤だと言わんばかりだった。
 しかし、最近の安倍首相ら政権側の言動はどうだろうか。沖縄県知事らの意向などお構いなしの普天間飛行場移設の強硬姿勢。
 個別の報道番組への口出し。
 そして今回の議員発言への修正要求である。
 自らと異なる立場に対する敬意や尊重などかけらもない。
 「絶対権力」のふるまいと見まごうばかりである。」と締めくくった。
 よんで、勉強になり、納得した。福島瑞穂氏は、鳩山内閣で、沖縄問題で「持論を曲げず」に更迭された。記憶にある限り、初めての事件だった。その福島氏だ、頑張って主張を貫いてほしい、と思った。
 たしかに、沖縄知事への対応、報道番組への口出し、今回の議員発言への修正要求、等、自民党の行状が目に余る、との社説の怒りは良く理解出来た。
 これが自民党議員・党組織の本性なのだとうか?
 それとも、選挙一人勝ち、対抗勢力不在、という異常時の一時的な「症状」なのだろうか?
 数ある国会議員で政権・政府に刺激を与える「議員」が、福島瑞穂氏だけではあるまいと思うが?
 一向に聞こえてこないのが残念だ!!
 
 
[PR]
トラックバックURL : http://sasakitosi.exblog.jp/tb/21729545
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by sasakitosio | 2015-04-22 07:40 | 朝日新聞を読んで | Trackback