憲法の良いとこ発見しませんか?


by sasakitosio

鏡よ鏡

 4月12日付東京新聞朝刊25面に、「本音のコラム」という欄がある。筆者は、法政大教授・山口二郎氏だ。
 今日はこの筆者に学ぶことにした。
 まず筆者は、「教科書検定の結果が公表され、歴史教科書では、明治政府がアイヌ民族に土地を「与え」、関東大震災の際の朝鮮人虐殺について、その数は定説がないとわざわざ強調された。文部科学相は日本の歴史の影の部分だけではなく、光の部分も教えるべきだと述べた。
 ドイツの新聞社の東京特派員が離任、帰国に当たって、安倍政権に批判的な記事を書いたらフランクフルト総領事が本社に抗議に来たことを紹介している。
 首相と文科相は国立大学ででも儀式の際に日の丸を掲揚し君が代を歌うように要請するそうだ。」と切り出した。
 つづけて筆者は、「教育政策や外交がここまで来たら、その先に何が起こるだろう。
 文部科学省は各学校、各家庭に、官邸と外務省は各報道機関に、鏡を配布するだろう。そして毎朝鏡に向かって、世界で一番美しい国民はだれと問いかけ、それは日本人ですという答えを聞いて、仕事や勉強を始めるという規則を作るだろう。」と、揶揄した。
 最後に筆者は、「日本人の中には美しい人もいれば、そうでない人もいるなどという輩には、毒りんごを食べさせればよい。 そのために、農林水産省は非国民駆逐用のリンゴの品種改良に取り組むだろう。TPPで農業壊滅などと恐れる必要はない。このリンゴこそ世界中で大いに売れるに違いない。21世紀の日本は、おとぎ話が現実になったワンダーランドだ。ハイホー。」と、毒入り「おとぎ話」で締めくくった。
 話としては、面白いが、現実としてはご免こうむりたい。
 また、禁断のリンゴを食べて知恵がついたため、アダムとエブは楽園を追放になったという話を聞いたことがあるが、リンゴは頭も腸内も良くなるらしい。毒りんごは良くないと思うが、青森や岩手や福島のリンゴをどんどん食べて、脱原発の知恵がどんどん出ないものか?
[PR]
トラックバックURL : http://sasakitosi.exblog.jp/tb/21719831
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by sasakitosio | 2015-04-18 14:17 | 東京新聞を読んで | Trackback