憲法の良いとこ発見しませんか?


by sasakitosio

語られた二つの反省  メルケル独首相

 3月12日付東京新聞社説に、「語られた二つの反省」という見出しで、メルケル独首相の訪日の記事が載った。
 今日はこの社説に学ぶことにした。
 まず社説は、「ドイツのメルケル首相が7年ぶりに来日した。大戦後の廃墟から経済大国となった日独両国。過去と向き合ったドイツを受け入れ、平和を築いた欧州の歩みを、戦後70年を考える参考としたい。
 ドイツは欧州連合(EU)の一員として、近隣諸国との強い信頼関係を築いている。これに対し、日本と中国、韓国との間の不協和音が目立っている。
 メルケル首相は来日講演で、近隣諸国との関係について「ナチスの時代があったにもかかわらず、ドイツは国際社会に受け入れてもらえた。過去ときちんと向き合ったからだ」と説明した。
 戦争の「過去」をめぐる欧州と東アジアの事情は違う。ドイツはナチスによる侵略と大虐殺の事実を認め、欧州は共通の歴史認識づくりに大きな成果を挙げてきた。」と切り出した。
 つづけて社説は、「これに対し、日中韓の間では歴史認識での隔たりは極めて大きい。
 しかし、その中で、戦後50年の村山富市首相談話で表明した「植民地支配と侵略」に対する反省とおわびは、日本外交の基盤である歴史認識の根幹となってきた。
 戦後70年談話でも、これを曲げることなく明確に表明し、周辺国の理解を得た上で、歴史認識の溝を埋めていきたい。」と指摘した。
 さらに社説は、「メルケル首相は、また、「独仏の和解はフランスの寛容な振る舞いがなかったら、可能ではなかった」と述べた。「東シナ海、南シナ海における海上通商路の安全が海洋領有権をめぐる紛争によって脅かされている」とも発言して中国をけん制、解決のため、二国間対話のほか、東南アジア諸国連合(ASEAN)の活用を呼びかけた。
 日本の周辺国にも寛容や自制を促したのは注目される。ASEANの活用はEUに学ぶ点が大きい。」と教えてくれる。
さらに続けて社説は、「ドイツの脱原発政策への転換については、「核の平和利用には賛成してきたが、福島の原発事故で考えを変えた。日本という高度な技術を持つ国でも事故が起きることを如実に示した。想定外のリスクがあることが分かった」と、事故の衝撃の大きさが引き金になったことを改めて強調した。」と教えてくれた。
 最後に社説は、「安倍晋三首相は首脳会談後の記者会見で、原発再稼働を進める方針を重ねて明言した。しかし、最近でも、福島第一原発の汚染水の外海流出が明らかになるなど、メルケル首相が指摘する想定外の「リスク」は何ら解消されていない。ドイツが福島の事故を教訓としたように、日本もドイツの決断の意味を、今一度しっかりと考えたい。」と締めくくった。
 ドイツのメルケル首相の「近隣諸国との友好関係づくり」「脱原発政策」は、日本国民にとっても大いに勇気づけられる発言であった。ドイツでできて、なぜ日本ではできないのか?そこのところを、自公政権、政府、有識者のどこからも聞こえてこないのは、日本の指導階層の内弁慶の証明かも知れない、と思った。いろいろの意味で残念だ。 
 
[PR]
トラックバックURL : http://sasakitosi.exblog.jp/tb/21636629
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by sasakitosio | 2015-03-17 06:38 | 東京新聞を読んで | Trackback