憲法の良いとこ発見しませんか?


by sasakitosio

惨事便乗の政治

2月1日付東京新聞朝刊27面に、「本音のコラム」という欄がある。筆者は、法政大教授・山口二郎氏だ。今日はこの筆者に学ぶことにした。

 まず筆者は「イスラム国によるテロに関連して、安倍晋三首相は国会における論議の中で、この種の事件において邦人を救出するために自衛隊を派遣できるよう、法整備を進める必要があると力説している。

 これこそまさに、カナダ人ジャーナリスト、ナオミ・クラインのいうショックドクトリン、日本語でいえば惨事便乗型の政治である。」と切り出した。

 つづけて筆者は、「とらわれた同胞を助けられないことに多くの良心的な人々が無力感を覚えている状況につけ込み安倍首相は偽薬を売り込んでいるようなものである。

 この偽薬はたちが悪い。実際に使用すれば問題はさらに悪化するが、それは薬の量が足りないからと為政者は言いつのり、より大量の薬を投入させようとする。

 人々も感覚がマヒして、同胞を守るためにはこの薬を使うしかないと興奮する。犠牲者が出れば出るほど人々は強い薬を求める。

 歴史を振り返れば、この薬の大量投与の揚げ句の果てに戦争が起きている例が山ほどある。現実の問題として、自衛隊が中東に出動しても、人質を力づくで奪還することなど不可能である。」と指摘した。

 最後に筆者は、「日本人が人質に取られ、殺されたという惨事につけ込んで有害な薬を売り込むのは、悪辣な詐欺師の手法である。人質事件をテコに自衛隊の行動ルールを変えるなどと言うすり替えを許してはならない。野党もメディアもひるんではならない。」と締めくくった。

 読んで、勉強になった。

 それは、「ショックドクトリン」「惨事便乗型政治」という言葉を知ったこと。身の回りでは、事故があって初めて、事故現場に「信号」が設置されると、巷ではささやかれている。

 信号の設置はよいとしても、イスラム国のテロに関連して、軍事費拡大、自衛隊の中東派遣へ結び付けてもらっては困ると思った。 


[PR]
トラックバックURL : http://sasakitosi.exblog.jp/tb/21532452
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by sasakitosio | 2015-02-05 07:02 | 東京新聞を読んで | Trackback