憲法の良いとこ発見しませんか?


by sasakitosio

10の法則

1月21日付東京新聞25面に、「本音のコラム」という欄がある。筆者は、文芸評論家・斎藤美奈子氏だ。

 今日は、この筆者に学ぶことにした。

 まず筆者は、「①「われわれは戦争したくない」②「しかし敵側が一方的に戦争を望んだ」③「敵の指導者は悪魔のような人間だ」④「われわれは領土や覇権のためでなく、偉大な使命のために戦う」以上、フランスの歴史学者アンヌ・モレリ「戦争プロパガンダ10の法則」(2002年草思社、現在品切れ)に登場する「十の法則」のうち①―④である。」と切り出した。

 つづけて筆者は、「戦争中の報道や情報を調べたモレリは、あらゆる戦争の裏で行われる情報操作の手口はすべて同じだと述べる。第一次&第二次大戦も冷戦もユーゴ空爆も湾岸戦争も。

 9.11同時多発テロの後、当時のブッシュ大統領がアフガンを攻撃した際もこの通りだった。

 先に攻撃したのはタリバンだ。ビンラデンは悪魔だ。われわれは民主主義のために戦う。

 フランスでのテロ後の反応には、十の法則に近いものが混じる。加えて二人の邦人を人質にした殺害予告。安倍晋三首相の会見は今回は慎重だったが、彼が同調する「国際社会」もまた戦争をしてきた当事者だ。」と教えてくれる。

 最後に筆者は、「後半の法則を抜粋すると、⑥「敵は卑劣な兵器や戦略を用いている」⑧「芸術家や知識人も正義の戦いを支持している」⑨「われわれの大義は神聖なものである」⑩「この正義に疑問を投げかける者は裏切り者である」

 十数年前の悪夢がよぎる、同じ轍は踏みたくない。」と締めくくった。

 筆者の教えてくれる「モレリの「戦争プパガンだ10の法則」」はその通りだと思った。そして、ひとは、有識者もそうでない人も、いつも、簡単にだまされ続けるのだろうか?

 振り込め詐欺が後を絶たないのに、何か似ている。

 これは人類史上いまだ明らかになっていない、人間の根源的な「何か?」に関わっているのかもしれない。


[PR]
トラックバックURL : http://sasakitosi.exblog.jp/tb/21494954
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by sasakitosio | 2015-01-22 06:57 | 東京新聞を読んで | Trackback