憲法の良いとこ発見しませんか?


by sasakitosio

2015年の目当て

1月4日付東京新聞朝刊23面に、「本音のコラム」という欄がある。筆者は、法政大教授・山口二郎氏だ。今日はこの筆者に学ぶことにする。
 まず筆者は、「新年には抱負が付き物だが、私はその種の目標を見失って久しい。何か立派な目標を目指すというより、目の前に次々と現れる問題や矛盾と戦うのでいっぱいという生き方が何年も続いているように思う。
 ただ最近、世の中のさまざまな問題を見るにつけ、また自分がいる大学という世界で仕事をするにつけ、当たり前のことが当たり前に通る時代になってほしいと強く願うようになった。」と切り出した。
 つづけて筆者は、「1日8時間働けば食べていくための賃金を得られる、若い人たちは好きな相手を見つけて家庭を作り、子供を産み育てる。大学では教師が学生と本を読みこみ、じっくり考える時間を持つ。自分の国に愛着を持つが、過去に自国が他国に対して行った悪行については謝る。他にもいろいろな当たり前があるだろう。
 困ったことに、多くの当たり前は時代遅れとか、金儲けの邪魔とみなされて、それらを取り払うことが改革ともてはやされるようになって、何年もたつ。さらに困ったことに、当たり前が希少価値になると、当たり前を大事にしようとする人々が特権にしがみつくと非難され、当たり前が例外になってしまう。」と指摘した。
 最後に筆者は、「まずは当たり前を軽んじている「スーパー」とか「輝く」なんて大仰な修飾語を使わないようにしよう。大仰な宣伝文句を信じないようにしよう。」と締めくくった。
 筆者指摘の通りだと思った。そして、大過ない毎日が、ありがたいと思う年になった。
 昨年12月9日にトマ・ピケティの「21世紀の資本」を買った。そして、「はじめに」を二回よんだ。
 そして、今朝の手賀沼散歩で、考えた。「富は天の倉に納め!、徳は他人の心に積め!、、私憤は地中に鎮め!、公憤は世に放て!」と自分に言い聞かせた。
[PR]
トラックバックURL : http://sasakitosi.exblog.jp/tb/21458929
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by sasakitosio | 2015-01-08 17:54 | 東京新聞を読んで | Trackback