憲法の良いとこ発見しませんか?


by sasakitosio

サンゴ密漁 中国の対処を求める

11月6日付朝日新聞社説に、「中国の対処を求める」との見出しで、日本の領海、排他的経済水域内での中国漁船のサンゴ密漁のことが載った。今日はこの社説に学ぶことにした。

 まず社説は、「宝石サンゴと呼ばれる赤や桃色のサンゴは、昔から世界中で愛好されてきた。奈良・正倉院には、聖武天皇の冠を飾っていた地中海産サンゴが今も伝えられている。

 この珍宝を狙って小笠原諸島周辺に中国漁船が続々とやってきている。海上保安庁によれば日本の領海、排他的経済水域に200隻余り。明白な違法行為であり、許されない。何よりもまず、中国側が早急に対応すべきだ。」と切り出した。

 つづけて社説は、「宝石サンゴは成長に長い年月がかかるため、乱獲は禁物だ。高知など日本近海の産地では、網の数量制限や禁漁期間の設定など厳しい管理をしている。中国の沿岸でも、捕獲は禁じられている。

 だが一方で、その美しさを求めてやまない市場がある。上海店頭では1グラム当たり15万円以上するものが売られている。中国の漁民からすれば、海底に大金が眠っているようなものだ。出港地とされる中国南部から小笠原諸島まで2千キロ以上離れており、燃料費も相当かかる。それだけの価値があると判断しているのかもしれない。

 日本政府は厳重に対処しなければならないが、広い洋上に散らばる船を捕らえるのは限界がある。尖閣諸島警備に力を割いている現在、派遣できる巡視船に限りがある。菅官房長官が「非常に無理があるのは事実」と述べている通りだ。摘発したところで罰金が軽い点も漁民らに見透かされているだろう。

 違法行為をさせない責任はまず中国側にある。中国外務省の報道官は、取締りの強化を表明している。その通りの実行を求める。出港時、帰港時、取引段階、あるいは普段の指導まで、当局が関与する余地は大いにあるはずだ。

 それにしても、なぜこれほど多くの中国漁船が集中的に現われたのだろうか。長崎や宮古島の沖に時折出没していたのとは規模がまるで違う。しかも台風が近づく今の時期だ。どんな背景事情があったのか、中国政府に併せて説明を求めたい。」と主張する。

 最後に社説は、「過去に中国漁船が引き起こした事件は、これにとどまらない。南シナ海ではサンゴやウミガメの密漁がフィリッピン政府を悩ませてきた。台湾が実効支配する金門島には中国の漁船団が侵入している。尖閣諸島沖に中国漁船が増えているのも気になるところだ。

 漁船は自在に境界を越え、時に外交問題化してしまう。トラブルが拡大したり繰り返されたりせぬよう、中国側は考えなくてはならない。」と結んだ。

 読んで、いくつか疑問と不安が浮かんだ。

 まず、中国政府の統治能力に問題があるのではないか?そうでなければ、中国は国家ぐるみの犯罪集団なのか?また、日本の海上警備は中国漁船さえ取り締まれないほど、対外的には無力なのか?昔・元寇、途中・倭寇、今・中寇?

 この事態を目の当たりにして、仮に将来、中国共産党の一党支配が瓦解した時の混乱で、漁船に乗って「難民」が日本めがけて大量に押し寄せてきたときに、日本政府はその準備があるのだろうか?これこそ想定外と言ってもらっては困る。ぜひ、日本の指導者、識者に聞いてみたい気がした。

 


[PR]
トラックバックURL : http://sasakitosi.exblog.jp/tb/21282227
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by sasakitosio | 2014-11-08 07:21 | 朝日新聞を読んで | Trackback