憲法の良いとこ発見しませんか?


by sasakitosio

カワセミに今日も遭う、一羽は田んぼへ、一羽は沼の芦原へ消えた

 11月6日(木)曇り、風なし、草に露なし、人あり。
毎朝の手賀沼散歩、入りの柏公園六時、ヒヨドリの声がした。
 彼岸花の葉をめぐりながら、公園を出て、大堀川の河口へ。川岸を歩く。川の中では、鴨が元気だ。今日も20羽余り、泳いでいた。
 柏下の水路沿いの草原を歩き、機場の林へ入る。林の中のけやきの周りに生える、彼岸花の葉を確かめながら、戸張側の機場の林へ。そこで、ヒヨドリの声を聴きながら、ももあげ体操。
 戸張下の水路沿いの草原をヒドリ橋まで歩く。ヒドリ橋、横の柵を使って腕立て伏せ、スクワット。
 帰路も水路沿いの草原を歩く。休耕田沿いの水路壁に、カワセミが一羽止まっていた。歩く先へ先へ飛んでは止まっていたが、田んぼの中の方へ姿を消した。木の上では百舌鳥が囀っていた。機場の滝を見ながら、柏下の水路沿いの草原を歩いていると、来るときには見えなかった、カワセミ一羽が水路壁に止まっていた。遠回りせずまっすぐ歩いて行ったら、カワセミは先へ先へと、止まっては飛び、止まっては飛びしていたが、その内、沼の葦原へ飛んで消えた。
[PR]
トラックバックURL : http://sasakitosi.exblog.jp/tb/21277880
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by sasakitosio | 2014-11-06 17:19 | 手賀沼をたのしむ | Trackback