憲法の良いとこ発見しませんか?


by sasakitosio

ヘイトスピーチ 聞き流すのではなく

10月19日付朝日新聞朝刊2面に、「日曜に想う」という書名入りの囲み記事がある。筆者は、特別編集委員・冨永格氏だ。今日は、この記事を学習することにした。

 まず筆者は、「アテネの太陽は、たとえばアクロポリスの丘を朱に染めて昇り、遺跡群を紫の影絵にして沈む。光の気まぐれで古都の空気は百の色になる。

 多彩な暁の中で、金色のそれが数年来ギリシャを騒がせている。極右政党「黄金の夜明け」である。債務危機の一昨年、この党は定数300の国会に18議席を得た。誇り高き祖国の復活と国民の連帯、それを妨げる不法移民の一掃。主張は愛国、そして排外だ。

 昨秋党を批判する男性歌手が殺され、自称党員がつかまった。警察は摘発に乗り出し、犯罪組織を作った疑いで党首ら国会議員が逮捕された。

 移民への暴力は日常だ。ギリシャ国籍を併せ持つ日本人女性は昨年、黒づくめの約20人が地下鉄で外国人を追い回すのに出会った。私も異邦人。彼らと目が合った時は怖かった。

 もっとも、皆が拒んでいるわけではない。土産店主のミハリス(45)さんは「大政党に反省を促す力になる。失業者への炊き出しもいい」。

 先の日本女性も、移民が居つき物騒になった地区を追われた経験があり、「治安効果」は買う。「私、5月の欧州議会選挙で一票入れちゃいました。」

 「夜明け」に対し、ようやく政治が動いたのはこの9月だ。差別禁止法が強化され、ヘイトスピーチへの罰則が重くなった。戦争犯罪などの史実を否定する言動も禁じられた。

 「特定の勢力を標的にしたものではない」。法改正の責任者、ヤニス・イオニディス内務省次官はそう断ってつづけた。

「極右が伸びるほど、世間の差別意識があおられる一面がある。とりわけ彼らが危険なのは、その攻撃が口先だけに終わらない点です」」と教えてくれる。

 つづけて筆者は、「移民への「免疫」があると思われる国々でも、異民族や異教徒への攻撃は口先にとどまらない。北アフリカ出身者ら数百万人のイスラム教徒が暮らし、一方欧州最大のユダヤ人社会を抱えるフランスとて、例外ではない。

 在仏ユダヤ組織代表者会議が公表した人や物への「反ユダヤ的行為は、去年の倍に近い勢いだ。イスラエルによるガザ侵攻への反発も一因らしい。ヨナタン・アルフィ副会長が言う「移民の血を引く若者と、その排斥を叫ぶ極右が反ユダヤでは共鳴する。差別の濃淡は民主主義の物差しなのに」

 他方、米同時テロから様々な偏見にさらされるムスリムたち。今は「イスラム国」の乱行が敵意をあおる。

 全仏イスラム評議会によると、信者やモスクへの攻撃は昨年、警察沙汰だけで前年の一割増、今年はその三割増のペースという。ネットの中傷は数知れず、開祖ムハンマドらしき人物をブタが丸焼きにする絵まである。

 評議会のダリル・ブバクール会長は「イスラム=暴力的」の誤解を嘆く。「どんな宗教も人権と平和を尊び、寛容でなければいけない。女性を蔑み、人質を惨殺して何が聖戦か。互いを理解しようと努めるより、敵対という易きに就く者が多すぎる」

 行動や感情表現には国柄が出るが、そこに優劣はない。異文化と接した時にこそ、度量と知恵が試される。

 イスラム教徒が支配する聖地、エルサレムを奪い返そうとした十字軍、下等と思い込んでいたオリエント文明の先進ぶりに驚き、兵士らは東の技術や産品を持ち帰った。知ろうともせず、「やつらはそういう民族」と決めつけてかかれば、不和や孤立を招く。」と指摘した。

 最後に筆者は、「取材中、礼節の国でヘイトスピーチなんてと何度か驚かれた。憎悪の言葉はやがて本物の暴力に転じ、日本の定評をむしばむだろう。

 ヘイトへの慣れや無関心は、それを弄するものを増長させる。ヘイトは雑音ではない。聞き流さず、拒まなければならない。

 憎みあうことはたやすい。異文化、異教徒、異民族。異の一字に責任を負わせて思考停止するのは楽である。

 東京五輪の理念の一つは「互いを認め合おう」だと聞いた。ならば言論の作法くらい、今から正しておきたい。」と締めくくった。

 筆者は、「ヘイトへの慣れや、無関心は、それを弄するものを増長させる。ヘイトは雑音ではない。聞き流さず、拒まなければならない。」と指摘した。その通りだと思うが、具体的にどうすればいいのだろうか?

 また、この記事で、「全仏イスラム評議会の会長が、「どんな宗教も人権と平和を尊び、肝要でなければいけないし、女性を蔑み、人質を惨殺して何が聖戦か、互いを理解しようと努めるより敵対という易きにつく者が多すぎる」と言っている」ことを知って、自分のイスラムに対する無知を知った。


[PR]
トラックバックURL : http://sasakitosi.exblog.jp/tb/21249387
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by sasakitosio | 2014-10-28 08:02 | 朝日新聞を読んで | Trackback