憲法の良いとこ発見しませんか?


by sasakitosio

道徳の教科化 心を評価する危うさ

 10月23日付東京新聞社説に、「心を評価する危うさ」の見出しで、中央教育審議会の「道徳の教科化」についてが載った。今日はこの社説に学ぶことにした。

 まず社説は、「小中学校の「道徳の時間」を検定教科書を使う正式な教科に格上げし、子どもの人格の成長ぶりを評価する。中央教育審議会が文部科学相に出した答申である。大人はそんなにりっぱな存在なのか。

 現行の道徳は教科外活動とされ、検定教科書はなく、成績評価もされてこなかった。これが2018年度から「特別の教科」に位置づけられる見通しとなった。

 国定教科書を用いた戦前の「修身」は愛国心といった徳目を国民に植えつけ、軍国主義教育の中核を担った。戦後の道徳教育はその反省に立って行われてきた。答申が時計の針を巻き戻す結果を招かないか気がかりが。」と切り出した。

 つづけて社説は、「国語や算数・数学、理科。社会など既存の教科は、先生が自らの知識や技能、経験も踏まえ、子どもに伝授するのにふさわしい分野と言える。テストという物差しを充てがい、習得具合を客観的に評価することができるからだ。

 道徳は対照的だ。物事の善悪や正邪にとどまらず、人間の生き方や価値観をも正面から取り上げる分野である。子どもの心奥に働きかけ、人格形成に大きな影響を与えるだろう。むろん、テストでその発達ぶりを図ることはできない。

 そこで、答申は、点数式を排除して記述式の評価を求めたが、子どもの内面のありように成績を付けさせることに変わりはないのだ。先生個人の主義主張や好き嫌い、えこひいきが入り込む。

 最大の問題は、何をどう評価するかだ。国が一律の物差しを作れば、自由かつ多様であるべき価値観や思想信条を統制することになりかねない。成績評価がついて回るから、子どもや親が無批判に受け入れてしまう懸念がある。

 国の検定基準に見合う教科書が導入されるのも心配だ。愛国心を定めた教育基本法に照らし、重大な欠陥があると失格になる。合格を意識するあまり画一的な偉人伝や格言、素材に偏らないか。やはり戦前をほうふつさせる。」と指摘した。

 最後に筆者は、そもそも世の中の大人に、子どもの道徳性を評価する資格があるのだろうか。

 小渕優子前経産相はお金を正しく管理できず、松島みどり前法相はうちわを配り、そろって法律違反を疑われて閣僚を辞めた。国の責任者に選ばれる大人でさえ、人格完成へまだ道半ばではないか。

 貧困、紛争、温暖化。社会の難題の解決には、人間の道徳心が肝要である。大人も子どもと一緒に悩み、考え、学び合う。その姿勢を欠いては、未来は危うい。」と結んだ。

 読んで刺激になった。

 社説では「道徳は対照的だ。物事の善悪や正邪にとどまらず、人間の生き方や価値観をも取り上げる分野である。子どもの心奥に働きかけ、人格形成に大きな影響をあたえるだろう。」と指摘、ここは「道徳」とは何かが定めにくいところに問題があるような気がした。

 また、社説は「最大の問題は、何をどう評価するかだ。国が一律の物差しを作れば、自由かつ多様であるべき価値観や思想信条を統制することになりかねない。」、「成績評価がついて回るから、子どもや親が無批判に受け入れてしまう懸念がある。」と指摘する。指摘の通りだと思った。

 そのうえで疑問に思ったことは、

「評価するということは、絶対的な正解が用意されていなければできないことではないか?その意味では、既に用意されているのかも?」、

「支配階層の支配が永続するような「正解」を道徳の名において、被支配階層に、権力を利用して、浸透させようとしているのではないか?」、 

「格差の固定化と拡大が、支配階層に不安を与え、被支配階層の心まで支配しようとしているのだろうか?」、

圧倒的多数の被支配者層のわたしたちは、日本国憲法の基本的人権を暮らしに生かし、実践することで、対抗するしかないような気がした。


[PR]
トラックバックURL : http://sasakitosi.exblog.jp/tb/21243035
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by sasakitosio | 2014-10-26 06:59 | 東京新聞を読んで | Trackback