憲法の良いとこ発見しませんか?


by sasakitosio

仮免で長距離

10月15日付東京新聞朝刊29面に、「本音のコラム」とう署名入りのかこみ記事がある。筆者は、文芸評論家・斎藤美奈子氏だ。今日はこの記事に学ぶことにした。

 まず筆者は、「すごいなあ。この国は無法地帯にどんどん近づいていくようだ。7月に集団的自衛権の行使容認を閣議決定をしたと思ったら、今度はそれを方便に「日米防衛協力のための指針〔ガイドライン〕」を見直すのだって。」と切り出した。

つづけて筆者は、「 専守防衛に徹する自衛隊は、そもそも国外に出ては行けない部隊だった。

 自動車教習所の中だけでの運転を許された教習中のドライバーみたいなものである。それが1997年以降、仮免許めいた法律があれば、米国に協力するため路上でも運転できるようになった。ただし、「周辺事態」「非戦闘地域」という地理的限定を付けての話。

 ところが今度は「日本有事」「周辺事態」「平時」の三種類を撤廃し、「いかなる段階においても、切れ目のない形で」協力できるようにするという。なんと無体な。仮免ドライバーに長距離トラックの運転を命じるようなものである。

 事実上の無免許運転。 」と指摘する。

 最後に筆者は、「ダメでしょ、それは。どうしても自由に行動させたければ、本免許を取らせる、すなわち憲法を改定して自衛隊を正式な軍隊にに再編させのが先決だ。軍事法典も軍事法廷もない現行の公務員のまま、隊員を戦地に出すのは無責任すぎる。人身事故でも起こしたら、誰が責任をとるつもり?

 何もかも解釈で突破できると思ったら大間違い。国民の負託なき閣議決定自体が本当は「仮」なのだ。」と締めくくった。

 読んで、面白い。中で「人身事故でも起こしたら、誰が責任とるつもり?」との指摘は、加害者になっても、被害者になっても、自爆しても、確かに問題がありそうだと思った。

 素朴に、自衛隊員は戦闘で他人を殺して、殺人罪にならないのだろうか?ならないとすれば、その法的根拠はなんだろうか?自衛隊法か?あらためて、疑問が湧いてきた。


[PR]
トラックバックURL : http://sasakitosi.exblog.jp/tb/21229879
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by sasakitosio | 2014-10-21 21:14 | 東京新聞を読んで | Trackback