憲法の良いとこ発見しませんか?


by sasakitosio

雇用の劣化許されない

 10月7日付東京新聞の社説に、「雇用の劣化許されない」との見出しで、政府が今国会に再提出した労働者派遣法改正案に関する記事が載った、
 今日はこの社説に学ぶことにした。
 まず社説は、「政府は労働者派遣法改正案を今国会に再提出した。派遣労働の規制が緩和されれば、雇用が不安定で低賃金の非正規労働者をさらに増やしかねない。雇用の劣化につながる見直しは許されない。
 同法案が成立すれば、企業にとって使い勝手のいい派遣労働が増え、正社員を非正規社員に置き換える流れに拍車がかかると懸念される。「基本は正規雇用。派遣は例外」という法制定以来の理念を覆すものだ。」と切り出した。
 つづけて社説は、「現行では、正社員から派遣社員への」置き換えを防ぐ目的で、派遣期間に上限を設けている。通訳や秘書など「専門26業務」をのぞき、企業が派遣社員を使える期間は3年が上限となっている。
 ところが、改正案が成立すると、企業が三年ごとに働き手を変えればどんな仕事でも、ずっと派遣労働者に任せられるようになる。上限より長く派遣社員を使う場合は、派遣先企業の労組から意見を聞くことなどを盛り込んであるが、歯止めになるだろうか。
 また、派遣会社が無期雇用している労働者は、どんな業務でも同じ職場で期間の制限なく働かせることができるようになる。」と教えてくれる。
 さらに社説は、「労働者派遣は当初、専門性の高い業務に限って認められていた。
 1999年一部を除いて対象業務が原則自由化。小泉政権の2004年に製造業務への派遣が解禁され、派遣労働者は増加していった。だが、08年のリーマン・ショック後、多くが派遣切りにあった。「雇用の調整弁」にされている不安定さを印象付けた。
 改正案は、派遣会社に教育訓練を実施することや、派遣先会社が正社員の募集を行う場合は本人に情報提供することなども盛り込んだ。安倍晋三首相は「派遣労働者の正社員化を含むキャリアアップを支援するもの」と強調するが実効性は疑問だ。」と指摘した
 最後に社説は、「派遣やパートなどの非正規労働者の全労働者に占める割合は14年で38%と過去最高。非正社員の平均年収は、正社員の5割程度、273万(11年)にとどまる。厚生労働省の調査では、派遣労働者の6割が「正社員として働きたい」と答えている。
 派遣労働者の既婚率は低いという調査もある。若者の雇用環境は悪化しており、不安定かつ低賃金の派遣労働が増えることは日本の将来にとっても問題だ。
 安倍首相が掲げる「世界で一番企業が活躍しやすい国」を実現するために、労働者の生活を犠牲にするのなら、改正とは言わない。」と締めくくった。
 わたしは額に汗して働く人々は、労働者は、国の主人公であり、礎であり、柱であり、宝であると思ってきたし、今も思っている。労働者が豊かにならなければ、国が豊かになったといえないし、会社が儲かったと言ってはいけないと思っている。その視点から見ると、労働者派遣法改正案を国会に出した「今の自公政権」は、労働者を豊かに幸せにする考えはないようだ。このままでは、労働者の権利はますます奪われ、労働者格差さえも拡大すると思った。それこそ、テロの芽を育てるようなものではないかと思った。
[PR]
トラックバックURL : http://sasakitosi.exblog.jp/tb/21197131
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by sasakitosio | 2014-10-11 07:19 | 東京新聞を読んで | Trackback