憲法の良いとこ発見しませんか?


by sasakitosio

インパクト投資 良き社会へ「見えざる心」

 9月21日付朝日新聞朝刊5面に、「波聞風問」という署名入りの囲み記事がある。筆者は、論説委員・安井孝之氏だ。今日はこの記事に学ぶことにした。
 筆者は、「アダムスミスの「国富論」に書かれた「見えざる手」をもじった「市場の見えざる心」がキーワードとなった報告書が、15日発表された。主要8か国(G8)の政府関係者や金融、社会貢献活動の専門家らが1年かけてまとめたものだ。貧困や教育、福祉など社会的な課題を解決する「インパクト投資」の促進を提言した。
 投資することで社会に良い変化を起こすことがインパクト投資。
 報告書には、障害者雇用を生み出したIT企業や、低所得者が多い地域に健康食を提供するNPOなど。持続的に収益を上げている「社会的企業」が多く紹介されてている。そこに投資を振り向けようというのだ。」と教えてくれる。
 つづけて筆者は、「日本でも取り組みは始まっている。「ワクチン債」が2008年に国内で売り出された。予防接種事業に資金提供する国際機関が発行する債券だ。途上国の子どもへのワクチン接種を支援する資金を調達、加盟各国の寄付金を返済に充てる仕組みだ。
 他にも「グリーン・ボンド(債権)」「ウオーター・ボンド」「中南米子育て支援債」といった地球温暖化対策や水関連事業、貧困対策への投資資金を集めている。
 こうした「インパクト投資」債券の販売額は、日本では累計1兆円(14年3月末)に上がる。60%のシェアをもちトップの大和証券は「社会貢献に関心のあるお客さんが買っており、新しい顧客層を開拓した」(広報部)という。投資利回りが特別高いわけではないが、その効果への魅力が投資判断となっている。」と教えてくれる
 さらに筆者は、「投資するか否かの判断は、利回りが高いかどうかという財務的リターンの多寡が基本ではある。それぞれも投資家が利益を追求すれば、市場の「見えざる手」が働き、社会全体が望ましい状況になるのであれば、財務的リターンだけ考えて投資すれば良いかもしれない。
 だが世界を見渡せば、アフリカなどの貧困国はそこからなかなか抜け出せず、先進国でも格差が広がる現実がある。そこに社会を良くしたいという投資家の「見えざる心」を持ち込めば市場の失敗を防ぐことができるのではないかという思いが、冒頭の報告書ににじんでいる。」と教えてくれる。
 最後に筆者は、「報告書作りに関わった伊藤健・慶応大学特任助教教授は「財務的リターンとリスクに加えて、社会的な影響、インパクトがどのくらいあるのかという社会的リターンを総合的に見極める投資判断が今こそ必要だ」と指摘する。
 欧米で「21世紀の資本論」(トマ・ピケティ)がベストセラーになるなど、格差拡大をもたらした現代の資本主義の未来に悲観論が漂っている。
 「良き社会へ」と願う投資家が増えることが、その救いにならないか。」と結んだ。
 読んで、ハッピーな話だと思った。「インパクト投資」が増えることを期待したい。
 ただ、「インパクト投資」をするぐらいな人は、投資で無くて、寄付してくれそうな気がするが?
 そして、寄付でなく、インパクト投資にすれば基本的に返済が待っているので、使う側に緊張感が生じるかもしれないが?
 また、このインパクト投資を、銀行・生保等の金融機関が、積極的に行って、新しい「21世紀の資本主義」がうまれるといいなあ、と思った。
[PR]
トラックバックURL : http://sasakitosi.exblog.jp/tb/21149664
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by sasakitosio | 2014-09-26 08:08 | 朝日新聞を読んで | Trackback