憲法の良いとこ発見しませんか?


by sasakitosio

政府の原発支援 なぜ、負担強いてまで

 9月3日付東京新聞社説に、「政府の原発支援 なぜ、負担強いてまで」の見出しで、「基準価格」のことが載った。
 今日はこの社説を学習することにした。
 社説は、「国民の多くは、原発依存から抜け出したいと願っている。福島の事故が身に染みているからだ。その国民に経済の負担を強いてまで国は原発を持ち続けていたいらしい。なぜ、そうまでするの。
 語るに落ちたというべきか。あからさまな“原発えこひいき“の試みが、ひっそりと進んでいるようだ。
 2016年に家庭向け電力事業が自由化され、既存の大手電力会社以外の参入が進むとともに、消費者が売り手を選べるようになり、これまで政府と電力会社が独占的に決めてきた、電気料金の値下がりが期待されている。」と指摘した。
 続けて社説は、「 ところが、政府は、原発だけを特別扱いにして、維持、さらに新増設を支援する姿勢を打ち出した。
 原発の建設から廃炉、使用済み燃料の処分にかかる費用を計算し、基準になる電気の値段を、これまで通り政府と電力会社できめる。そして市場価格が基準価格を下回った場合には、全消費者の電気料金に、その差額分を上乗せするという。
 原発を動かす大手電力会社に損はない。国民の負担で穴を埋めてあげようというのである。
 自由化とは名ばかり、実際の電気料金は原発の都合で決まってしまうのだ。
 経済産業省の有識者会議でひっそりと話し合われるこの案は、多くの示唆を与えてくれる。」と指摘した。
 さらに社説は、「例えば、これまで「安い電源」とされてきた原発が、自由競争に耐えられないほど高くつき、地域独占市場の中でなければ原発事業は成り立たないのを、国も認めているということだ。
その上、事故が起きれば、補償額は天文学的な額になる。福島の事故を見るとおり、一事業者に賄いきれるものではない。原発は経済的には成り立たない。
 差額の埋めで原発を維持するやり方は、英国にならうものだという。英国は温室効果ガスを押さえるために、発電段階では二酸化炭素(CO2)などを出さない原発を使い続ける方針だ。
 温暖化も危険だが、原発事故はそれ以上に恐ろしい。私たちは、そのことを知っている。原発維持を温暖化対策の口実にすべきではない。」と指摘した。
 最後に社説は、「大手電力業者も、これ以上原発を動かすリスクを負うことを、本当は望んでいないのではないか。国民に二重三重の負担を強い、福島の被災者の心を踏みにじってまで、なぜ政府は原発を持ち続けたいのだろうか。」と締めくくった。
よんで、新たに知ったことは、以下の①~③だ。
 ①政府と電力会社で、「原発の建設から廃炉、使用済み燃料処分にかかる費用を計算し、基準になる電気の値段を決める、とのこと。
 ②市場価格が基準価格を下回った場合には、全消費者の電気料金に、その差額分を上乗せすし、原発を動かす大手電力会社に損はない。国民負担で穴を埋めてあげる、とのこと。
 ③自由化とは名ばかり、実際の電気料金は原発の都合で決まってしまう、とのこと。
 また社説は、「大手電力業者も、これ以上原発を動かすリスクを負うことを本当は望んではいないのではないか。
 そして社説は、「国民に二重三重の負担を強い、福島の被災者の心を踏みにじってまで、なぜ政府は原発を持ち続けたいのだろうか。」と政府の姿勢に根本的に疑問を呈している。
 これについては、東京新聞の連載社説(7月28日から8月16日)「回らない核のサイクル」を読んで、ふと一つの疑問がわいた。
 それは、8月16日付東京新聞の社説にある「青森県三沢市の「核燃料サイクル阻止1万人訴訟」原告団の山田清彦事務局長からの指摘として、「青森県六ケ所村の再処理工場では核兵器に転用しにくくするためにプルトニュウムにウランを混ぜて保管することになっている。それでも核爆弾への加工は二週間で可能」を読んで、日本政府は原発導入の時から、主たる目的は、発電を理由にして、国民の電気料金を使って「日本が核爆弾」を何時でもつくれる状態にしておくことに主眼があったのではないか?
 原発に関心を持ち始めてから、日本の全地域に散らばって建設された「原発」は、万一、外敵が侵略してきたときの攻撃目標よりも「自爆装置」になるのではないかと思ってきた。 
 因みに、7月28日付の東京新聞社説によれば、
 「①日本は、中曽根・レーガン関係で結んだ日米原子力協定で、核兵器を持たない国で唯一、再処理を認められてきた。
 ②工場内には試験的に抽出された6.7トンのプルトニュウム・ウラン酸化物粉末が保管されている。
 ③国際原子力機関(IAEA)の査察官が数人常駐し、24時間体制で監視にあたっている。随所に監視カメラがある。
 ④「日本には核兵器級のプルトニウムはない。原発数千発分とかいうのは誤りです」と原燃幹部。」とのことであった。
 また、フリー百科事典(ウィキぺディア)によれば、「広島型原爆ではウラン235が60キログラム使用されたとされる(全ウランに対するウラン235の割合が80%の濃縮ウラン75キログラム)。また、プルトニュウムの臨界量は5キログラムとのこと。」であった。
[PR]
トラックバックURL : http://sasakitosi.exblog.jp/tb/21091243
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by sasakitosio | 2014-09-08 07:44 | 東京新聞を読んで | Trackback