憲法の良いとこ発見しませんか?


by sasakitosio

言論を大切にしたい

 9月5日付東京新聞社説に、「 言論を大切にしたい」という見出しで、池上コラム問題が載った。今日はこの社説を学習することにした。
 社説は、「ジャーナリストの池上彰さんが朝日新聞に連載中のコラムがいったん掲載を拒まれた。朝日の記事を批判的に論じた原稿だった。寛容の精神を貫き、批判をも包み込む言論空間を大切にしたい。
 コラムは月1回朝刊に載る「新聞ななめ読み」である。テーマを絞り、朝日をはじめ主に大手紙の記事を読み比べ、池上さんならではの視点で論評する。
 予定より6日遅れで、きのうの朝刊にのったコラムは、朝日が8月5日、6両日付朝刊で展開した自社の過去の慰安婦門報道を検証した特集を取り上げた。
 特集では、現韓国の済州島で戦時中、多くの韓国人女性を慰安婦として強制連行したとした吉田清治氏の証言を虚偽と判断し、一連の記事を取り消した。
 「遅ればせながら過去の報道ぶりについて自己検証したことをまず、評価したい」とした現代史家の論評に、池上さんも賛同する。
 その上で、1982年9月2日に報じてから32年もたって訂正したのは「遅きに失したのではないか」と書く。22年前には疑問がたされ、信憑性が揺らいだはずだった。その点の検証を欠いているとも指摘した。
 93年から慰安婦と女子挺身隊とを混同しないよう努力してきたとも、特集で説明した。その点についても、「その時点で、どうして訂正を出さなかったのか」などとし、検証の欠落を挙げた。
 殊に問題視したのは、過ちを認めて訂正したのに謝罪がないことだ。「お詫びが無ければ、試みは台無しです」という。特集を読んだ多くの人たちが共通に抱く率直な気持ちだろう。当たり前とも思えるコラムの掲載を拒んだのは全く理解に苦しむ。
 表現や言論の自由を守るべき最前線に立つ報道機関として、一時的にしろ掲載を見合わせたのは残念だ。読者の不信を増幅させよう善後策を期待したい。」と指摘した。
 つづけて社説は、「最近の身の回りで強まる表現活動や言論空間を制限する動きは見過ごせない。 
 さいたま市大宮区の三橋公民館は、市民が「梅雨空に「九条守れ」の女性デモ」と詠んだ俳句を月報に乗せなかった。
 東京都国分寺市では11月に開かれる国分寺祭りに、市民団体の「国分寺九条の会」や「バイバイ原発/国分寺の会」の参加が認められなかった。」と教えてくれる。
 最後に社説は、「多様な考えが民主主義を強くする。異論や反論を排除せず、熟慮する場がつくられるべきだ」と締めくくった。
 読んでいくつか考えることができた。
 社説は、
 「当たり前とも思えるコラムの掲載を拒んだのは全く理解に苦しむ。」、
 「表現や言論の自由を守るべく最前線に立つ同じ報道機関として、一時的にしろ掲載を見合わせたのは残念だ。」、
 「読者の不信を増幅させないよう善後策を期待したい。」、
 としている。
 社説の指摘を肯定しながら、50年近く朝日新聞を購読している読者として、「コラムの掲載を拒んだ決定がどうゆう仕組みで行われたか」また、「掲載拒否の決定を、どのような仕組みで取り消し、掲載することになったのか」その経緯を、知りたくなった。
 そして、一時の過ちを修復する力が「内部」にあったということは、これは素晴らしいことではないか。
 世間によくあることであるか、組織が大きくなると、人間関係が希薄になったり、無責任・事なかれ主義が横行したり、歴史を重ねると、自信がうぬぼれになったり、するものです。
 朝日新聞には、これを機会に、これを薬として、自力回復力、自治能力に磨きをかけてほしいと思った。
[PR]
トラックバックURL : http://sasakitosi.exblog.jp/tb/21088092
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by sasakitosio | 2014-09-07 07:38 | 朝日新聞を読んで | Trackback