憲法の良いとこ発見しませんか?


by sasakitosio

辺野古掘削  説明できぬなら凍結を

 8月24日付朝日新聞社説に、「説明できぬなら凍結を」の見出しで、辺野古掘削のことが載った。
 今日はこの社説を学習することにした。
 社説は、「米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設工事に向けたボーリング調査が、海上保安庁や沖縄防衛局による厳戒態勢のなか、移設予定地の名護市辺野古の海で始まった。
 小船やカヌーによる海上での抗議行動に対し、体を押さえたり、羽交い絞めしたりして強制排除する当局の姿勢には、県民は反発を強めている。
 きのう、辺野古の米軍キャンプ・シュワブのゲート前で主催者発表で3600人が参加し、移設反対の抗議集会があった。
沖縄各地から県民がバス30代以上を連ねて集まった。家族連れも目立つ。経済界からの参加者の姿もあった。
 「この海に海保の船がびっしりと浮いている様子は、69年前、沖縄を占領するために軍艦が取り囲んだ光景と同じ。」
 集会で稲嶺進・名護市長はそう指摘した。
 実際に「海から艦砲射撃をうけた沖縄戦を思い出す」と話す年配者もいる。その心情を、政府は想像してみるべきだ。」と指摘した。
 つづけて社説は、「海保は海に張り巡らせた浮き具に抗議船を近づけない理由を「危険だから」とする。一方で、浮き具の内側では、米軍関係者とみられる人々が海水浴をしているのに、警告もしない。
 県民には沖縄に米軍基地を置くことの説明に政府が使う「抑止力」が信じられない。
 軍事技術が高度化したいま、沖縄に基地を集中させることが必要不可欠なことなのか。新型輸送機オスプレイを佐賀空港に暫定移転させる計画は、必ずしも沖縄に集中する必要が無いと政府自らが認めたことになるのではないか。
 すべてのもとは、国土の0.6%しかない沖縄に、米軍基地の74%が集中する不公平な実情にある。そもそも沖縄の海兵隊は、復帰前に反基地運動が激化した本土から移駐した。」と教えてくれる。
 さらに社説は、「この不公平を承知の上でなお、沖縄に新たな基地をと言うのなら、少なくとも辺野古の掘削調査は中断し、県民の疑問に誠実に答えるべきだ。
 沖縄で11月に県知事選があり、辺野古移設が最大の争点になるとみられている。
 政権側が知事選を有利に戦いたいという意図で調査を強行したとすれば、現状では逆効果だというしかない。」と教えてくれる。
 最後に社説は、「22日に移設断念の意見書を可決した那覇市議会に続き、県議会も抗議決議を検討する。 保守陣営も含め、政府との溝は深まる。力づくの権力行使は禍根を残すばかりだ。沖縄に理解される説明ができないなら、辺野古移設は凍結するしかない。」と締めくくった。
 よんで、社説に共鳴した。
 新たに知った下記の事実は、この問題を考える上で、参考にしなければと思った。 
 ①「この海に海保の船がびっしりと浮いている様子は、69年前、沖縄を占領するために軍艦が取り囲んだ光景と同じ」と集会で稲嶺進・名護市長はそう指摘した」とのこと。
 ②「そもそも沖縄の海兵隊は、復帰前に反基地運動が激化した本土から移駐した。」とのこと。
 ③「沖縄では11月に知事選があり、辺野古移設が最大の争点になるとみられている。」とのこと。
 ④「22日に移設断念の意見書を可決した那覇市議会に続き、県議会も抗議決議を検討する。」とのこと。
 このうち、11月の知事選を待って、沖縄県民の意見・声を確かめるまで、辺野古掘削を待てないほど、内閣・政府はあせっているのは、なぜなのか?
 内閣・政府は、知事選挙で米軍普天間飛行場の辺野古への移設が、多数派になると思って工事を進めているのだろうか?
 疑問が湧いてきた。
[PR]
トラックバックURL : http://sasakitosi.exblog.jp/tb/21056137
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by sasakitosio | 2014-08-28 07:23 | 朝日新聞を読んで | Trackback