憲法の良いとこ発見しませんか?


by sasakitosio

不戦の誓い新なれ

 8月15日付東京新聞社説に、「不戦の誓いあらたなれ」の見出しで、戦争のことが載った。
今日はこの社説に学ぶことにした。
 社説は、「発掘された戦没学徒兵木村久夫の遺書全文は繰り返し読むことを迫ります。そして8月15日、不戦の誓い新たなれ、と祈らざるを得なくなります。
 戦没学徒の遺稿集「きけ わだつみのこえ」(岩波文庫)のなかでもとりわけ著名な京大生木村久雄の遺書は、実は哲学者田辺元「哲学通論」(岩波全書)の余白に書き込まれた手記と、父親あての遺書の二つの遺書をもとに編集されていたことが本紙の調べで明らかになりました。
 哲学通論の遺稿と発掘された父親あての原稿用紙11枚の遺書は、このほど「真実の「わだつみ」」の題で本にしてまとめられました。二通の遺書全文は再読、再々読を迫ってくるのです。
 本紙記者によって書き下ろされた木村の生い立ちや学問への憧れ、28歳でシンガポールの刑務所で戦犯刑死しなければならなかった経緯と事件概要が読む手引きとなり、汲めども尽きぬ思いが伝わってくるからです。哲学通論余白の一言一句、短歌も蘇ります。
 同時に、事件をめぐる軍人たちの行動とその後は、日本と日本人は許されるのだろうか、と暗澹たる気分に襲われます。」と切り出した。
 つづけて社説は、「木村が戦争犯罪に問われたのは戦争末期の1945年7.8月、インド洋アンダマン海カーニコバル島での住民殺害事件。日本軍は住民に英国に内通するスパイの疑いをかけ少なくとも85人を殺害してしまいました。
事件は連合軍の反攻上陸に怯えての幻影の可能性が大きく、裁判なき処刑が行われました。その処刑の残虐、取り調べの残酷、野蛮に情状の余地なく、死者に女性、子供も含まれました。
 シンガポールの戦犯裁判で死刑は旅団長と命令に従った上等兵の木村ら末端兵士5人、事件を指揮命令した参謀は罪を逃れ、戦後も生き延びました。
 木村遺書の「日本は負けたのである。全世界の憤怒と非難との真只中に負けたのである。全世界の怒るも無理はない。」
 「最も態度賤しかったのは陸軍の将校連中」は抑えきれぬ胸中のほとばしりでした。
 木村は「踏み殺された一匹の蟻」でしたが、現地住民への加害も忘れてならないでしょう。先の大戦の軍人の死者230万人のうち6割の140万人は餓死。国家に見捨てられ、食料の現地調達を強いられて兵士たちは現地住民には「日本鬼」でした。被害の感情が簡単に消えていくとは思えないのです。
 アジアを舞台にした大東亜戦争にはおびただしい兵士木村が存在したでしょう。学徒兵木村は「日本軍隊のために犠牲になったと思えば死にきれないが、日本国民全体の罪と非難を一身に浴びて死ねるのだと思えば腹も立たない。」と納得させようとしたのです。
 終戦の日に不戦の誓いを新たにし、平和を祈念する日であり続けなければならないのは当然です。」と教えてくれる。
 さらに社説は、「全国戦没者追悼式に臨まれる天皇陛下は傘寿。80年の道のりで最も印象に残るものは「先の戦争」と答えられ、ともに歩む皇后陛下との姿から伝わってくるのは生涯かけた追悼と祈りです。
 戦後50年の平成7(95)年に、長崎、広島、沖縄、東京の慰霊の旅をした両陛下は、戦後60年には強い希望でサイパン訪問を実現させました。
 「いまわとて島果ての崖踏みけりしを皆の足裏思えばかなし」はその玉砕の島での美知子皇后の歌。お二人は、米軍に追い詰められ日本人女性が身を投げた島果ての崖まで足を運び、白菊を捧げたのでした。
 平成7年の植樹祭での皇后の歌は何より心に響きます。
 「初夏の光りの中に苗木植うるこの子供らに戦あらすな」
 来年の戦後70年、両陛下はともに80代。このところ天皇の節目の会見でもれるのは歴史への懸念です。「次第に歴史が忘れられていくのではないか」「戦争の記憶が薄れようとしている今日、皆が日本がたどった歴史を繰り返し学び、平和に思いを致すことは極めて重要」。 若き政治指導者たちには謙虚に耳を傾けてもらいたいものです。」と指摘した。
 最後に社説は、「15年戦争で軍の先兵になってしまったジャーナリズムの歴史は誇れませんが、気骨と見識の言論人の存在は勇気をくれます。
 桐生悠々は「言わねばならぬこと」を書き、石橋湛山は「私は自由主義者だが、国家に対する反逆者ではない」と抵抗を貫きました。
 民主社会での報道の自由と言論の自由は、国民に曇りなき情報を提供して判断を委ねるためです。そのための権力監視と涙ぐましい努力を惜しまず、一人ひとりが大切にされる世でなければなりません。」と締めくくった。
読んで大変勉強になった。
 特に、以下のことに、強く心を打たれた。
 ①「木村遺書の「日本は負けたのである。全世界の憤怒と非難との真っただ中に負けたのである。全世界の怒るも無理はない。」「最も態度賤しかったのは陸軍の将校連中」は抑えきれぬ胸中のほとばしりでした」との指摘。
 ②「学徒兵木村は「日本軍隊のために犠牲になったと思えば死にきれないが、日本国民全体の罪と非難を一身に浴びて死ぬのだと思えば腹も立たない」と納得させようとした」とのこと。
 ③「戦後60年。両陛下のサイパンを訪問時。「いまはとて島果ての崖踏みけりしをみなの足裏おもえばかなし」はその玉砕の島での美知子皇后の歌」とのこと。
 ④「平成7年植樹祭での皇后の歌。「初夏の光りの中に苗木植えるこの子供らに戦あらすな」」とのこと。
 は心に強く残った。
 そして、不戦の誓いが、不戦の実践として、日本から世界へそして未来へ、繋げていけるか?
 数年前と昨年、非暴力でイギリスの植民地から、インドを解放した、ガンジーの遺跡を歩き、見て、感じてきた。
 今の日本こそが、世界の中で唯一、国家として、非暴力を誓い、実践する絶好のポジションにあるような気がするが。
 その意味からも、集団的自衛権の行使や、特定秘密保護法の実施は、世界史的に愚かしいことだと思うのだが?
 
[PR]
トラックバックURL : http://sasakitosi.exblog.jp/tb/21015624
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by sasakitosio | 2014-08-18 07:30 | 東京新聞を読んで | Trackback