憲法の良いとこ発見しませんか?


by sasakitosio

「成長病」にさよならを

 7月6日付東京新聞社説に、「「成長病」にさよならを」の見出しで、経済文明論が記事になった。今日はこの社説に学ぶことにした。
 社説は、「資本主義の行き詰まりを指摘する経済文明論がブームです。アベノミクスで景気回復ムードは高まっているのに、「資本の論理」の暴走への反乱なのか。
 四月に米国のNGO(非政府組織)がある指標を発表しました。
 世界132か国を対象に暮らしやすさを表す「社会進歩指標」。
 一位はニュージーランド、以下スイス、アイスランド、オランダ・・・。日本は14位で、世界一の経済大国・米国は16位でした。
 意外や、指標を考案したのはハーバード大学の著名な経営学者、マイケル・ポーター教授。企業の競争力研究など市場主義の象徴のような人物です。
 20世紀を通じて重視されてきた経済力という指標では、もはや不十分と考え、自殺や女性の地位、学校の出席率、少数民族への態度など膨大なデータを反映させたのです。
 幸福度指標など、この種の新しい指標はいくつかは存在しますが、共通しているのは経済力や軍事力の強さは市民の幸せにつながらないということでしょう。それはGDP(国内総生産)への過度な信仰が「本当の豊かさ」を損なっていることと同義です。」と切り出した。
 つづけて社説は、「そもそもGDPは軍事費だろうと原発建設費だろうと、生産を増やすものはすべてプラスに換算されるのですから。
 こうしたGDP信仰、さらに資本主義というシステムの存続に疑問を持つ声は少なくありません。
 日本大学の水野和夫教授も、その一人です。証券会社系シンクタンクでエコノミストを30年、政府に招かれ内閣府官房審議官など経済政策の進言役も務めました。
 水野氏の目には、これまで経済発展に貢献してきた資本主義は役割を終え、むしろ負の側面ばかりが映ります。
 著書「資本主義の終焉と歴史の危機」(集英社新書)はこう説明します。
 資本主義は、常に収奪する側が、搾取される側「周辺」をつくり出し、成長を最も効率的に行うシステムでした。先進国は多くの途上国を「周辺」としてきたが、もうアフリカしか残っていない。
 米国は、代わりに金融で新たな「周辺」をつくったが、リーマン・ショックでそれもついえた。
 それでも利潤追求を必然とする資本主義ですから、収奪する先を国内にもつくる。それが非正規雇用であり、残業ゼロの社員~~。
 「成長病に侵された政府は資本主義にしがみつき、成長至上にとらわれた政策を続けているそれが多大な犠牲を生んでいるのです」。水野氏は続けます。
 アベノミクス効果で浮かれ気味の政権とは対照的に、生活保護世帯や金融資産がゼロの世帯が増えている。物価上昇分を差し引いた実質的な賃金は低下している。中間層は疲弊し、もう資本主義を支持する動機がないと言います。
 資本主義の長い歴史で、時々の暴走に経済学者や思想家がブレーキをかけてきました。「資本論」のマルクスはもちろん、経済学の父、アダム・スミスは「道徳感情論」の中で「金持ちがより多くの富を求めるのは徳の道から堕する」と説き、20世紀の偉大な経済学者ケインズは、失業は市場で解決できるとせず政府が責任を持つべきだと主張しました。」と教えてくれる。
 さらに社説は、「今はグローバルに暴走する資本主義にブレーキをかけ、次なるシステムを模索する時期。それは短期にできるものでも、経済だけでもないでしょう。
 社会の変革を伴い、あるいは気づいたら移行していたかもしれません。
 水野氏が考えるには、キーワードは「脱成長」。それは後ろ向きの発想ではなく、現在の「過剰さ」に向き合い、適正な水準に見直す。賞味期限に過剰反応して大量廃棄される食品のロスの問題、住宅街まであふれる自動販売機、昼間でも煌々とともる照明群・・。
 過剰や、バブルを起こさなければ回っていかない現在の資本主義経済はやはり異常です。」と指摘する。
 最後に社説は、「小渕内閣の「経済戦略委会議」で構造改革の旗を振り、後に市場原理は誤りと「転向」した中谷巌氏(三菱UFJリサーチ&コンサルテング理事長)は言います。
 「人間は成長を目指すDNAを備え、排除するのは難しい。それでも米国で株主利益より社会貢献を優先できる仕組みなど株主至上主義を見直す動きもある。要はどういう社会を目指すかを選良が示すべきだ。 新経済戦略は(強者を利する)規制緩和など古い新自由主義的思想で残念です。」
 「資本の論理」ばかりの成長戦略は国民を不幸にする~~。かって政府の経済戦略に関わった二人からの重い問いかけです。」と締めくくった。
 読んで刺激になった。
 「「過剰」や、バブルを起こさなければ」回っていかない現在の資本主義経済はやはり異常です」との水野和夫教授の指摘は考えさせられました。資本主義の破壊と再生の筋道を、識者には研究して欲しいと思った。
 中谷巌氏は「要はどういう社会を目指すかを選良が示すべきだ。」についてはその通りだと思う。だが、今の選良に「目指すべき次の社会」が無いのか、あっても知らんふりしているのか、定かでないところが、問題のような気がしてきた。
 とりわけ、ブローバルで生じている、「格差の拡大の問題、 グローバル的に生じている先進国の借金問題」、等等、今の資本主義の延長上に待っているものは、なんだろうか??グローバルなハイパーインフレか??
 日本の有識者と言われている皆さん、教えてください!!!
[PR]
トラックバックURL : http://sasakitosi.exblog.jp/tb/20896081
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by sasakitosio | 2014-07-11 07:26 | 東京新聞を読んで | Trackback