憲法の良いとこ発見しませんか?


by sasakitosio

命かかわる議論の軽さ

 6月25日付朝日新聞社説に、「集団的自衛権 命かかわる議論の軽さ」の見出しで、集団的自衛権に関わることが載った。今日はこの社説に学ぶことにした。
 社説は、「新たな提案を出したかと思えばすぐ引っ込める。
 集団的自衛権など安全保障政策の与党協議の混迷は、もはや見るにたえない。
 国連決議にもとづく集団安全保障の一環としての武力行使に、自衛隊も参加できるようにしたい。中東・ペルシャ湾での機雷除去を念頭に、自民党が公明党にこう提案したのは、20日のことだった。
 だが、これに公明党が猛反発をすると、自民党はきのうの協議では棚上げし、一方で集団的自衛権を認める座長私案を公明党の求めに応じて修正し、両党は合意に向けて一気に歩み寄った。
 政府や自民党としては、議論を足踏みさせるよりは、合意を優先させたということだ。狙い通り、来週には閣議決定されそうな運びになった。しかも自民党は。機雷除去をあきらめたわけではなさそうだ。
 一連の協議のありようは、驚くほど軽い。
 戦争のさなかのペルシャ湾で、自衛隊に機雷除去をさせるべきかどうか。まさに隊員の命がかかった問題だ。」と教えてくれる。
 続けて社説は、「かって占領下の日本で、こんなことがあった。
 朝鮮戦争が始まった1950年、政府は占領軍の強い要請を受け、海上保安庁による「日本特別掃海隊」をひそかに朝鮮半島沖に派遣した。憲法9条に反するとの声を、吉田茂首相が押し切った。
 ところが一隻の掃海艇が機雷に触れて沈没。隊員1名がなくなった。「戦後ただ一人の戦死者」といわれる。」と教えてくれる。
 さらに社説は、「集団安全保障は、平和や秩序を壊す国に対し、国連加盟国が経済や軍事的手段で制裁する仕組みだ。
 日本が憲法の枠内でどこまで協力するかは、本来は時間をかけて正面から議論すべき重いテーマである。
 先の与党協議では、多国籍軍の後方支援にあたっての新たな条件が突然示され、やはり公明党の反発ですぐさま別の条件に置き換えられた。
 自民党はとっかえひっかえ取引カードを繰り出しているだけではないか。誠実さを疑う。」と指摘した。
 最後に社説は、「安倍政権での議論を十分だと思いますか」。朝日新聞の世論調査で、「十分でない」と答えた人は76%だった。
 集団的自衛権に集団的安全保障。ただでさえ分かりにくい言葉が飛び交い、議論の焦点もくるくる変わる。多くの人が不十分だと思うのは当然だ。賛否以前の問題である。
 この状況のままで、本当に閣議決定に踏み切るのか。」と締めくくった。
 社説の指摘の通りだと思った。過日ある新聞で見た「1944年ピュリツァー賞を受賞した米国人ジャーナリスト「アーニー・パイル」のことば」を思い出した。
 それは「大量生産される死者―この国で、あの国で、毎月、毎年、冬にも夏にも。どこを向いても見慣れた死者だらけで、退屈になる。どこまで行っても、退屈な死者だらけで、いやになる。こんなことは故国の皆さんは理解しようと試みる必要すらない。彼らは故国の皆さんにとっては数字の羅列、ないしは近所の誰かが遠くへ行ったまま帰って来ないだけ、にすぎない」というものだ。
 まさに、人の死が、「数字の羅列、近所の人が遠くへ行ったまま帰って来ない」程度にしか、心に響かない、人たちが「集団的自衛権」での言葉遊びをしているような気がしてきた。こんなに軽くていいのだろうか?
[PR]
トラックバックURL : http://sasakitosi.exblog.jp/tb/20855517
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by sasakitosio | 2014-06-28 19:52 | 朝日新聞を読んで | Trackback