憲法の良いとこ発見しませんか?


by sasakitosio

70年前の警句

 5月28日付東京新聞朝刊27面に、「本音のコラム」という署名入りの囲み記事がある。筆者は、文芸評論家・斎藤美奈子氏だ。今日はこの記事に学ぶことにする。
 筆者は、「不世出の外交評論家、清沢洌の「暗黒日記2」(ちくま学芸文庫)にはこんなくだりがある。
 <行政と政治が若い連中に渡って、大東亜戦争は必然であった。下剋上の現象が国家を冒険に赴かしめたのである>
 これは太平洋戦争に突入して3年目、1944年5月20日の日記である。同じ年の7月17日にはこんな記述も。
<大本営には連絡会議があるが、決定機関はない。政略と作戦には知識が這入ってゆく機会がなく、若い参謀と、東条などの「かん」で決定されている。日清、日露戦争には明治天皇を中心に、伊藤、山県等元老が議をねった。これが現代と異なるところだ>」と教えてくれる。
 つづけて筆者は、「誰に似ているとはあえてもうしませんけどね。解釈改憲だ、集団的自衛権の行使容認だ、グレーゾーン事態だ、駆け付け警護だと騒ぐ人々をみるにつけ、重要な案件が<若い参謀と、東条などの「かん」>で決定された時代をつい想起する。インパール作戦の失敗や、サイパン失陥を受け、東条内閣が総辞職した際の「暗黒日記」7月20日の感想は<これくらい乱暴、無知をしつくした内閣は日本になかった。結局は、かれを引き廻した勢力の責任だけれども。その勢力の上に乗って戦争していた間は、どんな無理でも通った>と教えてくれる。
 最後に筆者は、「70年前の日記が今でも通用する怪奇。同じことを何度繰り返せば済むのかね。」と締めくくった。
 この記事で、「暗黒日記2(ちくま学芸文庫)」を知った。
 中で、
 ①<行政と政治が若い連中に渡って、大東亜戦争は必然であった。下剋上の現象が国家を冒険に赴かしめたのである>、
 ②<大本営には連絡会議があるが、決定機関はない。政略と作戦には知識が入っていく機会がなく、若い参謀と、東条などの「かん」で決定されている。日清、日露戦争には明治天皇を中心に、伊藤、山県等の元老が議をねった。これが現代と異なるところだ。>
 ③<これくらい乱暴、無知をつくした内閣は日本にはなかった。結局は、かれを引き廻した勢力の責任だけれども。その勢力の上に乗って戦争していた間は、どんな無理でも通った>
 これらの指摘は、今でも通用することに驚きだ。
 ただ、この現象は、世界中の国々に、同じように起きているのではないかと、世界の街一人歩きをしてきて、思えてならない。特に隣国の中国、韓国、は政治体制は異なっていても、世代交代と戦争経験のない指導者という点では、日本と似ているような気がする。そのことが、筆者引用の①の指摘が、日本の内外に当てはまる怪奇に、リアリティーがありすぎて心配だ。
[PR]
トラックバックURL : http://sasakitosi.exblog.jp/tb/20763141
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by sasakitosio | 2014-05-31 14:56 | 東京新聞を読んで | Trackback