憲法の良いとこ発見しませんか?


by sasakitosio

ハクチョウの雛4羽 大堀川河口に

 5月29日(木)、晴れ、靄あり、風なし、人あり。
 入りの柏公園5時。空にお日様あり、あちこちから小鳥のさえずり響く。
 公園を抜けて、大堀川河口へ出る。水面にハクチョウ、数人が手をたたいたり、写真を撮ったりしている。良く見れば、ハクチョウの雛が4羽、親鳥と共に泳いでいる。
 草をとって投げる人あり、親子が岸によってきた。
 ここ数年、ハクチョウの雛を見なかったが、大津川河口に雛2羽を見るので、見える範囲で、ハクチョウの雛が6羽育ったことになる。
 柏下の水路沿いの草原を歩く。沼側の葦原からは、盛んにヨシキリが鳴く。草原は、草刈りが済んだばかりなので、歩きやすい。朝日をあびて、畑の水路側にキジが立っていた。声をかけながら近づいた。ごく近くになったら、キジが気付いて、歩いて距離をとった。すぐには鳴かず。
 機場の林・草薮を、ユリノキの芽を覗きながら、あるいて、戸張側の機場の林で、体操。
 戸張の森から、ウグイスのホーホケキョが聞こえる。
 今日は、森の下の方から、鶏のコケコッコーの声も聞こえた。
 沼側の葦原に立つ、柳の中から、イッピツケイジョウの鳴き声がした。
 戸張下の水路沿いの草原を歩く。ひどり橋まで、すっかり草刈りがされた草原を歩く。草刈りの終わったばかりの草原は、ムクドリの絶好の食餌ばだ。団体で、ムクドリが集まり、ものすごく賑やかだ。ヒドリ橋までの間、何回か戸張の森から、ウグイスの声が聞こえた。捨て苗は、今日も元気だ。
 ひどり橋、横の柵を使って、腕立て伏せ、スクワット。
 眼下の大津川河口の水面には、今日もハクチョウの雛2羽と親鳥2羽が泳いでいた。
 帰路は、沼の葦原に立つ柳のなかから、ウグイスの声がときどき聞こえた。鶯が、柳の木を飛び渡る姿が一瞬見えたような気がした。
[PR]
トラックバックURL : http://sasakitosi.exblog.jp/tb/20756554
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by sasakitosio | 2014-05-29 13:55 | 手賀沼をたのしむ | Trackback