憲法の良いとこ発見しませんか?


by sasakitosio

米国の影の政府

 4月10日付東京新聞朝刊27面に、「本音のコラム」という署名入りの囲み記事がある。筆者は、法政大教授・竹田茂夫氏だ。今日はこの記事に学ぶことにした。
 筆者は、「特定秘密保護法と武器輸出解禁を手に入れた安倍政権は、いよいよ集団的自衛権に乗り出した。
 ゼロ戦美化の大衆文化や首相の靖国参拝を背景におくと、国家主義的にも見える一連の政策は、実は米国中心の軍事システムへ日本を組み入れるためのものだ。」と指摘した。
 つづけて筆者は、「実践の経験のない日本の防衛産業の役割は、新型戦闘機F35のように国際共同開発・共同生産で部品や素材を提供するすることにある。
 諜報の面でも、全世界のメール情報を収集する米国の国家安全保障局などの巨大組織の掌の中にある。
 米国の諜報・軍事・防衛産業の実態は、ワシントン・ポスト記者らによる著書「トップシークレット・アメリカ」が明らかにしている。スパイ機関だけで16もあり、国防関連の組織は独自の機密をもってお互いに競合し、その全貌は大統領さえつかめないという。諜報・兵站・警護では無数の民間軍事会社が、情報の収集ではIT産業が国家に協力する。国家と民間は回転ドアで結びつく。
 首都とシリコンバレーと、ウオール街にもまたがる米国の影の政府、「深部国家」はビッグブラザーズというよりカフカ的な不可視の集合体で、アフガニスタン、イラク、リビアと失敗の連続だ。
 日本が組み込まれようとしているのは、このような危ういシステムなのだ。英国のイラク参戦のような大失敗は明らかではないか。」と締めくくった。
 中国に影の銀行があるように、アメリカには影の政府があるとの筆者の指摘は、驚いた。アメリカの「深部国家」は不可視の集合体だとの指摘も、驚きだ。アメリカは民主主義国家の優等生で、日本が目標とすべき国かと思っていたが。
 「軍事システム」を持つ国家という意味では、平和国家を憲法で明記している日本は、アメリカは丸ごと見習うべき国、目標とすべき国、ではないと、改めて思った。
 
[PR]
トラックバックURL : http://sasakitosi.exblog.jp/tb/20591068
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by sasakitosio | 2014-04-18 07:35 | 東京新聞を読んで | Trackback