憲法の良いとこ発見しませんか?


by sasakitosio

グローバル化 試される抑止力

 3月23日付朝日新聞朝刊2面に、「日曜に想う」という署名入りの囲み記事がある。筆者は、特別編集委員・冨永格氏だ。
今日はこの記事を学習することにした。
 筆者は、「早春のプラハは、軽い調べの中にあった。路上の演奏家が放つ音符たちは日だまりで弾み、陽光と戯れる。
 バラの黄色、カーネーションの赤、サイネリアの青。くすんだ石畳の上、塗料をこぼしたようにおかれた花々は鮮烈だ。キエフの騒乱で亡くなった「親欧州」の面々を悼む一角である。あまたの写真に添えて「ウクライナの英雄たちに栄光あれ」とあった。
 半世紀の昔、死をもって暴力に抗議した学生の碑も、真新しい花束に囲まれていた。ウクライナに手をかけたロシアと、祖国を軍靴で踏みにじったソ連がだぶるのであろう。武力で絶たれたチェコスロバキアの民主化運動「プラハの春」が再び語られている・」と切り出した。
 つづけて筆者は、「1968年。造反の広がりを恐れた東側諸国はチェコ指導部を突き上げ、領内での軍事演習で威嚇した。そして、8月20日深夜、国境にとどまっていたソ連とポーランド、ハンガリー、東ドイツ、ブルガリアの兵力計75万、戦車6千両がチェコを襲い、全土を占領する。社会主義を守るには一国の主権は無視できる、との理屈だった。
 メキシコでの五輪が約50日後に迫っていた。地方で合宿中の女子体操チームは慌てた。国民的スターで主力のベラ・チャスラフスカが、民主化宣言に署名していたためだ。周囲の計らいで彼女は山小屋に身を潜め、あてなき自主トレに入る。木にぶら下がって筋力を保ち、床の動きは鼻歌で反復、跳馬を想定して23メートルの助走を重ねた。
 世界の目を気にしたソ連は出国を認めたが、大切な時を「森」で過ごしてエースは、万全の準備で臨んだ東京五輪とは逆の心境で太西洋を渡る。
 71歳の本人に、プラハ郊外でお会いした。「私なりに重荷を背負い、ソ連には負けまいの一念でした」。相手には、会うたびにレコードを交換する仲良しもいたが、ソ連国家が流れる表彰台ではうつむいてた。」世界が見ています。メダルが没収されない範囲で何かやろうと」。結局、個人総合の連覇を含む金メダル4個を得たが、署名の撤回を拒んで国に冷遇された。民主化までさらに20年。
 政治とスポーツの距離を知るその人は、ソチ五輪のウクライナ選手団を親欧の活動家に重ねて激励した。
 「理想を守りきれなかった苦い経験がよみがえります。大国むき出しのロシア、変わっていませんね」
 さらに筆者は、「クリミア介入の理由は、ロシア系住民の保護とされた。「同胞の安全」は時に領土的野心の隠れミノになる。例えばヒットラー。オーストラリアとチェコを手にした後、やはりドイツ系住民が多いポーランド北部に目をつけ、及び腰の英仏をよそに攻め入った。
 ロシア兵に囲まれての住民投票、続く併合決定は、国際常識では略奪に近い。「五輪の花」が案じる通り、許せば冷戦後の秩序が揺らぐ。
 併合地の時刻はモスクワにそろえ、いずれ橋でロシア本土と地続きにするという。主権と領土、少数派の不安を無視してもてあそばれる国境に、プラハの春を描いた小説の名が浮かぶ。
存在の耐えられない軽さ・・・・。
 現状は新たな冷戦というより、かの国の先祖返りと孤立に見える。ソ連の時代はイデオロギーが口実だったが、膨張志向はどうも帝政期からの癖らしい。同じ柄の、一回り小さいマトリョーシカが転がり出たかのようだ。」と教えてくれる。
 最後に筆者は、「産業からスポーツ、宇宙開発までを東西に分かれて競った過去は遠く、経済は同盟関係を超えて入り組んだ。ロシアと欧州はエネルギーや投資で深い中だし、米国の財政を支えるのは今や中国だし、欧ロ、米中はもたれ合い、実のある制裁ほど八方を傷める。
 大統領が国内に強さを誇示しても、資源に頼るロシアはもろい。閉じこもれる経済ブロックもない。さらなる暴走を阻むとすれば、弱さへの自覚だろう。核による恐怖の均衡より健全である。「抑止力」に値するのかどうか、グローバル化の真価が試される。」と結んだ。
 「さらなる暴走を阻むとすれば、弱さへの自覚だろう」と筆者はいう。その弱さを「ロシア」が自覚するのには、時間がかかるのではなかろうか。 
 また、「実のある制裁ほど八方を傷める」との指摘も、その通りだろう。自分の痛みをたえながら、相手に抗議し、相手の自覚を促す。相手の良心を信じて、人間としての共感を信じて。まさに、ハンガーストライキ、焼身自殺のようなものである。それで問題が解決できると、いいが。人類の進化・進歩の現状が、試される事件だ。
[PR]
トラックバックURL : http://sasakitosi.exblog.jp/tb/20517504
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by sasakitosio | 2014-03-29 14:22 | 朝日新聞を読んで | Trackback