憲法の良いとこ発見しませんか?


by sasakitosio

クリミア危機 編入は最悪の選択だ

 3月19日付朝日新聞社説に、「クリミヤ危機 編入は最悪の選択だ」の見出しで、クリミア半島のことが記事に載った。
 今日はこの社説に学ぶことにした。
 社説は、「米欧の制裁に対するロシアの返答は明確だった。一切の譲歩を拒む強硬策である。
 プーチン大統領は、クリミア自治共和国のロシア編入で共和国指導者たちと合意した。ロシアの議会に対しても。承認の手続きに入るよう求めた。
編入の是非を問う住民投票からわずか2日後の出来事だ。
 ロシア議会では、全会派が大統領の決定を支持している。手続きが済めば、ロシアはソ連崩壊後初めて領土を拡大する。
 それはロシアにとって最悪の選択である。経済とともに、大国としての地位と信頼を決定的に傷つけることになろう。」と切り出した。
 つづけて社説は、「プーチン氏は、ロシアが過去に結んだ約束の重みを考えるべきである。
 ウクライナはソ連崩壊後に独立した後、ロシア及び米英と覚書を交わした。国内の核兵器の撤去と引き換えに、主権や国境を尊重することを保証した内容だった。
 さらにロシアは、黒海艦隊の駐留継続を事実上の条件にクリミア半島をウクライナ領と認める条約も結んでいる。
 こうした約束を公然とほごにし、不当な手続きでクリミアを併合すれば、自国の利益本位に他国の主権や領土を侵したソ連の行動と違いはない。
 米欧はロシア高官らの資産凍結などを決めた。それでもプーチン氏が強気を崩さないのは、今の米欧に荷の重い軍事対応などに踏み込む力はないと見限っているのだろう。
 だが、足元のロシア経済は、米欧との対立激化に耐えうるほどの体力があるとはいえない。
 もともと不安な投資環境から外国資本の流出が加速する。資源依存からの脱却は遅れる。成長が鈍った経済に、さらに打撃を与えることは間違いない。
 クリミア危機を平和的に対話で打開することが、ロシア自身と周辺地域に最も大きな利益となるこのはあきらかだ。
 危機はさらにウクライナ東南部へ広がる恐れもある。ロシア系住民の保護を理由に、プーチン氏が東南部にも武力介入する選択肢を残しているからだ。
 そうなれば、ウクライナ軍も対抗措置に動かざるを得まい。
 新たな戦争がそこに生まれる。
 プーチン氏が今突き進めている領土拡張の動きは、21世紀の国際社会に対する深刻な挑戦なのである。」と指摘した。
 最後に社説は、「軍事衝突の防止に向け、欧州安保協力機構(OSCE)は監視団の派遣を急ぐべきだ。日本を含む主要国グループは、プーチン氏に対する有効な説得策を早急に見出さなければならない。」と締めくくった。
 読んで、二つ知識が増えた。 
一つは、ウクライナはソ連崩壊後に独立した後、ロシア及び米英と覚書を交わし、国内の核兵器の撤去と引き換えに、主権や国境を尊重することを保証した内容だったこと。
 今一つは、ロシアは、黒海艦隊の駐留継続を事実上の条件にクリミア半島をウクライナ領と認める条約を結んでいること。
 これら二つの約束を公然とほごにしたこと。
 これに対し、社説は、「経済とともに、大国としての地位と信頼を決定的に傷つけることになろう。」と指摘している。
 社説の指摘の通りだと思う。
 世界各国からの信頼が、国の経済発展に不可欠なほど、現代は相互に結びついている。だから、ロシアは武力を背景にクリミア半島を領土にしたことのマイナスの大きさに、重さに早晩気づかされるだろうと、思った。
[PR]
トラックバックURL : http://sasakitosi.exblog.jp/tb/20505522
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by sasakitosio | 2014-03-26 07:47 | 朝日新聞を読んで | Trackback