憲法の良いとこ発見しませんか?


by sasakitosio

表現の自由 「あいつが悪い」のか?

 2月28日付朝日新聞社説に、「表現の自由 「あいつが悪い」のか?」の見出しで、社会の萎縮問題が記事に載った。
 今日はこの社説に学ぶことにした。
 社説は、「社会がしぼんでいる。憲法が悪い、ネトウヨが悪い。そうやって次々と「あいつが悪い(自分は悪くない)」で物事を単純化して批判すると、すっきりする。しかしみんながすっきりしても、誰もが生きやすい、豊かな社会は成り立たない。批判を恐れ、人々は萎縮するばかりだ。」と切り出した。
 つづけて社説は、「「表現の自由」をめぐる現状を例に、考えてみたい。
 NHK経営委員という公人が、都知事選の応援演説で他候補を「人間のくず」とののしっても、「表現の自由だ」として許される。
 一方、東京都美術館は今月、展示された作品の一部を、「現政権の右傾化阻止」などと書かれた紙を撤去させた。
 昨年7月の参院選前には、東京都千代田区立の図書館で開催が決まっていた映画「選挙」の上映会が、内容に懸念があるとして中止されそうになった。
 いずれも苦情があったわけではない。館の自己規制だ。
 美術館や図書館といった公共施設は、表現の自由が最も守られる場所であらねばならない。
 多様な価値観を擁護し、新たな価値観を創出するという社会的使命を忘れ、安易な自己規制に走る。それがどれだけ社会を萎縮させるか、自覚すべきだ。」と教えてくれる。
 さらに社説は、「その上でもう一歩分け入ってみる。そもそもこのような「べき」論を支える社会基盤が弱っているのではないか。
 「官僚たたき」や行政の無駄に対する批判の中で、03年に新制度が導入され、公共施設の運用が民間に委託されるようになった。例に挙げた2館も、公益財団法人や企業が自治体から運営を請け負っている。
 各施設でサービス向上、集客増などの成果が上がる一方、運営に関わる人たちからこんな声も漏れる。
「外部からクレームがつくと、自治体から契約を切られるかもしれないという不安がある。表現の自由を守るために踏ん張れと言われても、厳しい。」
 「効率」や「利益」が優先された結果、数字には還元されない「表現の自由」のような公共的価値は脇に置かれる構造が生まれてしまっている。」と指摘した。
 最後に社説は、「さあ、どうしよう。
 まず私たち一人ひとりが「あいつが悪い」から抜け出すことだろう。社会の豊かさとは何か。自分の問題として引き受け、しぼんだ社会にすこしずつ息を吹き込んでいくしかない。面倒だしすっきりもしない。でも、誰かのせいにしているだけでは社会の萎縮と自粛が進み、息苦しさは増す。」と締めくくった。
 社説は、「誰かのせいにしているだけでは社会の萎縮と自粛が進み、息苦しさはます。」という。、
 そして、「私たち一人ひとりが「あいつが悪い」から抜け出すこと」によって、「しぼんだ社会に少しずつ息を吹き込んでいくしかない」と言っている。その通りだ。
 だが、声高に「あいつが悪い」と、所構わず、叫び回っている人に対し、「あいつは悪くない」、あいつが悪いというあなたは、「本当に正しいのか」と問いただす「勇気の人」も必要なのではないか。でないと、うそも百篇言い続けると、本当らしくなってきたのでは、ますます社会が委縮・自粛するようになるのではないか。その勇気の人こそ「新聞」その他も「マスコミ」ではないか?
 
[PR]
トラックバックURL : http://sasakitosi.exblog.jp/tb/20424346
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by sasakitosio | 2014-03-04 13:21 | 朝日新聞を読んで | Trackback