憲法の良いとこ発見しませんか?


by sasakitosio

集団的自衛権  聞き流せぬ首相の答弁

 2月15日付朝日新聞社説に、「集団的自衛権 聞き流せぬ首相の答弁」という見出しで、安倍首相のこの間の「憲法」をめぐる発言についての記事が載った。今日はこの社説に学ぶことにした。
 社説は。「安倍首相の「立憲主義」や「法の支配」への理解は、どうなっているのだろうか。
 集団的自衛権をめぐる国会審議で、こんな疑問をまたもや抱かざるをえない首相の答弁が続いている。」と切り出した。
 つづけて社説は、「日本国憲法のもとでは集団的自衛権の行使は認められないーー。歴代の内閣のこの憲法解釈を、安倍内閣で改めようというのが首相の狙いだ。
 歴代内閣は一方で、情勢の変化などを考慮するのは当然だとしつつも、「政府が自由に憲法の解釈を変更することができるという性質のものではない」との見解を示してきた。
 この矛盾にどうこたえるか。野党議員からの問いに、安倍首相はつぎのように答えた。
 「(憲法解釈の)最高の責任者は私だ。政府答弁に私が責任をもって、そのうえで私たちは選挙で国民の審判を受ける。審判を受けるのは、内閣法制局長官ではない。私だ」
 最高責任者は、確かに首相である。内閣法制局は、専門的な知識をもって内閣を補佐する機関にすぎない。
 それでも法制局は、政府内で「法の番人」としての役割を果たしてきた。首相答弁はこうした機能を軽視し、国会審議の積み重ねで定着してきた解釈も、選挙に勝ちさえすれば首相が思いのまま変更できると言っているように受け取れる。
 あまりにも乱暴だ。」と指摘した。
 さらに社説は、「首相の言うことが通るなら、政権が代わるたびに憲法解釈が変わることになりかねない。自民党の党是である憲法改正すら不要ということになる。
 首相はまた、解釈変更の是非を国会で議論すべきだとの野党の求めも一蹴した。解釈変更は政府が判断する。その後に必要となる自衛隊法などの改正は国会で議論するからいいだろうという論法だ。
 ここでも議論が逆立ちしている。集団的自衛権の行使容認は本来、憲法改正の手続きに沿って国会で議論を尽くすべき極めて重いテーマである。
 選挙で勝ったからといって厳格な手続きを迂回し、解釈改憲で済まそうという態度は、民主主義をはき違えている。」と厳しく指摘した。
 最後に社説は、「一連の答弁から浮かび上がるのは、憲法による権力への制約から逃れようとする首相の姿勢だ。そのことは、こうした立憲主義を絶対王制時代の主流だった考えだと片づけた先の発言からもうかがえる。
 これでは、首相が中国を念頭に重要性を強調する「法の支配」を、自ら否定することになりはしないか。」と結んだ。
 読んで、社説の指摘の通りだと思った。そこで、今の世に、変な人が国会議員になり、変な人が自民党の総裁になり、総理大臣になったものだ。三つの関門。いわば三つの社会の安全弁。全てをかいくぐって誕生した「日本の最高権力者」が、これでは、日本の民主主義は、世界の笑いものになるのではないか?
 日本国憲法を世界へ未来へ、と広げる前に、国会議員に日本国憲法を、特に「平和主義、基本的人権尊重、主権在民、三権分立」等を99時間の学習を、義務付ける「法律」が必要な気がしてきた。
 学校教育で、道徳のことが話題になるが、最高の道徳は「日本国憲法」ではないか、とも考えたりしている。
 
[PR]
トラックバックURL : http://sasakitosi.exblog.jp/tb/20367164
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by sasakitosio | 2014-02-17 13:15 | 朝日新聞を読んで | Trackback