憲法の良いとこ発見しませんか?


by sasakitosio

NHK新会長 あまりに不安な船出

 1月28日付朝日新聞社説に、「NHKの新会長 あまりに不安な船出」という見出しで、NHK新会長の発言の記事が載った。今日はこの記事二学ぶことにした。
社説は、「公共放送のトップを任せられるのか。強い不安を感じる。
 NHK新会長の籾井勝人氏が就任会見で、政府の立場に寄り添うような発言を繰り返した。
 尖閣諸島・竹島などの領土問題で、一部経費を国が負担する海外向け放送による政府見解の発信強化に意欲を見せ、「政府が右ということを左というわけにはいかない」と述べた。
 安倍政権が世論の反対を押し切って成立させた特定秘密保護法も、「必要だとの政府の説明だから、とりあえず受けて様子を見るしかない」と語った。 
 だが一方で、議論を呼ぶような問題を取り上げる番組では「了解をとってもらわないと困る」と、会長としての方針も示した。現場を萎縮させる恐れはないのだろうか。」と切り出した。
 つづけて社説は、「公共放送の先駆けである英BBCは、フォークランド紛争やイラク戦争で必ずしも英政府を支持せず、客観的な報道に努めた。時の政権から非難されたが、国際的な評価は高まった。
 NHKが向くべきは政府ではなく、受信料を納める国民の法である。放送内容が政府の宣伝ととられれば、海外での信頼もかえって損なわれよう。
 籾井氏は「放送法順守」を何度も口にした。大事なことは「健全な民主主義の発達」と明記された法の目的に照らし、社会の諸問題について、視聴者に多角的な視点や情報を提供することだ。その使命を果たす覚悟がなければ、会長は務まらない。」と、指摘した。
 さらに社説は、「籾井氏は個人的見解と念押ししたうえで、従軍慰安婦についても持論を展開した。「今のモラルでは悪いが、戦争をしているどこの国にもあった」とし、補償を求める韓国側の動きには「日韓条約で解決している。なぜ蒸し返すのか」と述べた。
 これには与野党から批判が相次ぎ、韓国でも反発を招いた。
大手商社での国際経験を買われての人選だったはずだが、いったいどうしたことか。
 昨年末の経営委員会では会長任命に先立ち「言葉の選び方に留意して」と注文されていた。籾井氏は昨日、「私的な考えを発言したのは間違いだった。」と釈明したが、早くも懸念が的中した形だ。」と、指摘した。
 最後に社説は、「NHKが自主自立を守るには不断の努力が必要だ。予算承認権を握る国会では、政治が干渉してくるリスクは常にある。会長はそれを率先して防ぐべき立場だ。自らの発言が審議対象になるようでは困る。」と、苦言を呈して、締めくくった。
 社説の言う通である。大手商社で国際経験を買われたとのことであるが、籾井氏のような「人権感覚」「国際感覚」で、外国人に接していたのでは、通常は「日本人・日本文化の宣伝」にはならないはずだ。また、公共放送の公器の認識に乏しく、人権意識の希薄な人が、組織の上に立つことは、公害である。社内的にも社外的にも。ここは、世論の力で、退場願うのが、国益にかなうのではないか?
[PR]
トラックバックURL : http://sasakitosi.exblog.jp/tb/20299187
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by sasakitosio | 2014-01-31 13:32 | 朝日新聞を読んで | Trackback