憲法の良いとこ発見しませんか?


by sasakitosio

都知事選告示 成長より成熟の知恵を

 1月24日朝日新聞社説に、「都知事選告示 成長より成熟の知恵を」の見出しで、都知事選のことが載った。今日はこの社説に学ぶことにした。
 社説は、「五輪が決まり、東京は成長への期待にそこはかとなく華やいでいる。しかし、開催年の2020年は、祝祭の裏で東京が曲がり角を迎える年である。
 都の予測によれば、東京はこの年を境に人口減に向かう。
 しかも、都民の4人に1人が65歳以上、そのまた4人に1人が一人暮らしになる。25年には15歳未満の人口が1割を切る。
 前回五輪は「育つ東京」の象徴であり、原動力だった。交通網が広がり、地方から若い働き手が流入して街は膨らんだ。
 50年たった今、人も街もくたびれてきた。直面するのは「老いた東京」「縮む東京」という難題だ。首都直下地震も30年以内に70%の確率でくるという。
 暮らしの安心をいかに保障するか。昨日告示された都知事選の主な候補者もその訴えに力を入れている。」と切り出した。
 つづけて社説は、「前略。根本的には、東京全体の街づくりの未来図をどう描くかが問われているといえるだろう。
 今1300万人余の人口は2060年には1千万人ほどに減るという。成長を前提にできない以上、何を優先的に資金を投じるか選ばざるを得ない。
 限られた資金と時間で、地震が来るまでに木造家屋の密集地域を火に強くし、道路や上下水道など古びたインフラを繕わねばならない。若い世代が減り施設も足りないなか、大勢の高齢者が地域で暮らせる街をどうつくるかも迫られている。
 大量消費の都市生活や防災対策の見直しには原発はじめエネルギー政策の視点は欠かせない。五輪に必要な整備を防災に生かす工夫も考えるべきだ。」と指摘した。
 最後に社説は、「東京と地方との格差同様、都内も格差が広がる。人口減と高齢化は都心より郊外で早く進む。いびつに太ったまま老いつつある街。いかにゆがみを正し、スリムにし、足腰を強めるか。
 聞きたいのは、成長の夢よりも成熟への知恵である。」と結んだ。
読んで、勉強になった。 高齢化は東京ばかりではない、自分の周りも同じだ。そう考えると、選挙の政策に国も自治体も、完全にわけることは、納税者の側からはあまり意味がないことのような気がしてきた。
 原発再稼働問題、特定秘密保護法の施行の問題、沖縄米軍基地の問題、少なくとも、政治姿勢として、候補者たる人は、明らかにしていただきたい。それも投票行動の参考になるわけだから。
[PR]
トラックバックURL : http://sasakitosi.exblog.jp/tb/20280217
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by sasakitosio | 2014-01-26 19:36 | 朝日新聞を読んで | Trackback