憲法の良いとこ発見しませんか?


by sasakitosio

ポルカ‐・ルール

 1月23日東京新聞朝刊27面に、「本音のコラム」という署名入りの囲み記事がある。筆者は、法政大学教授・竹田茂夫氏だ。
今日はこの記事に学ぶことにした。
 筆者は、「P・ポルカ―氏は1980年代初めのインフレ退治に米国のセントラル・バンカーとして辣腕を振るったが、一方で清廉な生活で知られた。身長2メートルの巨漢で影響力の点でも巨大な存在だ。」と切り出した。
 つづけて筆者は、「その名を冠したポルカ―・ルールとは、決済や金融仲介を担って公的に保護される銀行が過度なリスクをとって金融危機を引き起こさないように、自己勘定の投機を禁止するものだ。住宅バブルの苦い経験からポルカ―氏らによって提案されたルールで、金融改革法の中核をなす。バブル崩壊後5年、金づるを手放したくないウオール街の執拗な反対を押し切ってようやく成立の見通しがついた。」と教えてくれる。
 さらに筆者は、「国民から見れば。貪欲に利益追求したあげく破綻しても大銀行は「大きすぎてうぶせない」。税金で尻拭いはもう御免こうむりたいというわけだ。
 だが、顧客のばいばいの注文に応じて債券市場の流動性を保証したり、予想される損失をあらかじめ相殺する銀行の取引から、危険な投機を区分することは簡単ではない。」と指摘した。
 最後に筆者は、「金融に限らず、ルールがなければ市場は自己破壊の衝動を持つ弱肉強食のシステムになり、逆にルールを決めればどんなに精密なものでも裏をかく手合いが必ず現れる。900ページにわたるポルカ―・ルールは、このような市場原理のジレンマを体現している。」と、締めくくった。
 ポルカ―・ルールなるものの存在を、はじめて知った。中身は、この短い紙面の中からは、自分にはよく理解できない。ただ、銀行が過度なリスクをとって金融危機を起こさないように自己勘定取引を禁止すのが、ポルカ―・ルールらしい。ということは、米国では過去に銀行が金融危機を起こしたということだ。日本のバブル、及びバブルの崩壊は、どうだったのだろうか?やはり、銀行がか?それとも、政府がか?知りたくなった。 
[PR]
トラックバックURL : http://sasakitosi.exblog.jp/tb/20277882
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by sasakitosio | 2014-01-26 08:17 | 東京新聞を読んで | Trackback