憲法の良いとこ発見しませんか?


by sasakitosio

事実上、「適性検査」は今もある!!

 12月20日付朝日新聞朝刊17面に、「政治を話そう 秘密法とどう向き合う オピニオン」という欄がある。登場人物は、突っ込みの「高橋純子氏」と、回答の「長谷部泰男東大教授」だ。
 今回は、高橋氏の以下の質問と、長谷部教授の回答から、学習することにした。
――「「秘密保持は、今ある法律を使えば十分可能ではないですか。」と、今まで世間でよく言われてきた、素直な高橋氏の質問。
「特定秘密法はむしろこれまでなかったことが不思議な法律で、あって当然のものをなぜ今つくるのかと問われても説明は難しいですね。ただあえて言うと、どこの国もそうですが、基本的に役所は自分がもっている情報をほかの役所には出したがりません。これまでは、各役所がそれぞれ、首相に情報ををあげていました。これでは、到底、国は守れません。
 たとえば、テロリストの活動や重大犯罪から国を守るためには各役所が情報を持ち寄り、連携して効果的な対策を打たなければならない。
 特定秘密法ができたことで、秘密は守られるからちゃんと情報を出しなさいと言えるようになります。」と、長谷部教授は回答。 
 「「法律には特定秘密を扱う公務員や民間人は「適性評価」をうけると明記されました。家族の国籍、飲酒の節度、病歴などが調べられるのでプライバシーの侵害につながると批判されていますが、事実上、これはすでに行われています。
 こんな機微に触れる調査を行うなら法的根拠を明確にし、調査対象者が不服申し立てができる手段を備えておくのは当然です。」とも長谷部教授は回答。
 <ここで、高橋純子氏に、長谷部教授に対して、再度質問してほしいことが、いくつか出出てきた。
 ひとつは、「これまでは各役所がそれぞれ、首相に情報をあげていました。これでは到底、国が守れません。」との回答。
 これは、政府の内部組織の在り方の問題であって、公務員以外の「民間人」を対象にした「特定秘密保護法」の必然性と無関係のような気がしますが?
 今一つは、「特定秘密保護法ができたことで、秘密は守られるからちゃんと情報を出しなさいと言えるようになります」との回答。
 これも、あくまでの政府内部の「セキュリテイ」をしっかりすればいいことであって、公務員以外の「民間人」までも処罰する「特定秘密保護法」の必要性の根拠には、ならないのではないか?
 もう一つは、「「法律には特定秘密を扱う公務員や民間人は「適性評価」をうけると明記されました。家族の国籍、飲酒の節度、病歴などが調べられるのでプライバシーの侵害につながると批判されますが、事実上、これはすでに行われています。」との回答。
 この発言は、実に驚きだった。現在プライバシー侵害が行われているとのこと。このことで、調査対象者が国家的に不利益を受けたかどうか「秘密」にされたまま。今は調べようがないではありませんか?これって、明らかに日本国憲法第14条1項「すべて国民は、法の下に平等であって、人種、信条、性別、社会的身分または門地により、政治的、経済的、または社会的関係において、差別されない。」に真っ向から、違反しているのではないか?しかも、そのことが「当事者にも全くしらせないまま、知る手立てのないまま」、就職試験におちている現実があるということだ。
 しかも、今度は、特定秘密保護法によって、明らかに「憲法第14条1項違反」の差別が、堂々と実行されようとしているのでは、ありませんか?「こんなことで、法治国家といえるのでしょうか」と、高橋純子氏から、東京大学教授・憲法学者・長谷部恭男氏に、尋ねていただきたいと思いました。
 今一つは、「こんな機微に触れる調査を行うなら、法的根拠を明確にし、調査対象者が不服申し立てできる手段を備えておくのは当然です。」との、回答。
 調査対象者が、不服申し立てできる手段を備えておくのは当然です、と、長谷部教授はいわれる。が、現在、行われているという「適性評価」に対して、不服申し立てのできる手段がなされていないのに、「適性評価」の法的根拠の「特定秘密法」だけ通して、いいとお思いなのでしょうか。すくなくとも、被支配者の救済策とセットでなければ、為政者のやりたい放題の手助けになるのではないでしょうか?
 できることなら、専門家の知見として、「調査対象者の不服申し立て」の手手続法案を準備して頂いて、「内側に踏み込んで」、実現して頂きたい。その「準備または存在の証明」が無くて、「調査対象者が不服申し立てができる手段を備えておくのは当然です」との意見は、為政者側から見ても、理解に苦しむのですが?
 以上、長谷部教授の回答を読んで、うかんだ疑問点をあげてみました。高橋純子氏には、敗北感にさいなまされているところすみませんが、長谷部教授に、質問で「再挑戦」していただきたいと思った。
[PR]
トラックバックURL : http://sasakitosi.exblog.jp/tb/20137478
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by sasakitosio | 2013-12-23 14:00 | 朝日新聞を読んで | Trackback