憲法の良いとこ発見しませんか?


by sasakitosio

歴史の天使

 12月19日東京新聞朝刊27面に、「本音のコラム」という署名入りの囲み記事がある。きょうの筆者は、法政大学教授・竹田茂夫氏だ。今日はこの記事に学ぶことにした。
 筆者は、「経産省の調査会の一つが「エネルギー基本計画に対する意見」と題する原発推進案を公表した。
 原子力を「基盤となるベース電源」と位置付け、技術的・経済的な袋小路であることが明らかなはずの核燃料サイクルを今後も推進し、使用済み燃料の最終処分場の選定に(おそらくは強権をもって)国が乗り出していくというものだ。
 現政権はこれを基本政策にするだけでなく、事故の解明にもほど遠く国民の多くが反対する中で「過酷事故の経験で高められた安全性」などという詭弁で原発輸出を進めている。」と、切り出した。
 つづけて筆者は、「この調査会そのものが茶番だ。14人の委員のうち反対派は2人だけで、広範な意見をくみ取ろうという気は経産省にはさらさらない。天下り式に原発を国民に押し付けるもので政治的正当性はゼロなのだ。
 原子力村の面々は既得権益のために汲々としているだけだが、全体の構図は倫理的に絶望的な状況だ。広島・長崎・福島を経験した日本がなぜ大惨事のリスクを国内だけでなく、海外にまで広げなければならないのか。」と、懸念を示した。
 最後に筆者は、「ドイツの思想家ベンヤミンは、クレーの絵に仮託して、歴史の天使は目を見開いて過ぎ去っていく破局を凝視しながら、後ろ向きに未来に押し流されていく。技術と進歩の強風で翼をたたむことができない。」と締めくくった。
 筆者の警告は、これからの日本人に、大きな「不安・負担」を残すような気がした。外国に迷惑をかかけるのは、戦争で「アジアの諸国」に迷惑をかけ、いまだにその後遺症が残っている、この教訓を忘れた、懲りない為政者としか言いようがない
 
[PR]
トラックバックURL : http://sasakitosi.exblog.jp/tb/20133673
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by sasakitosio | 2013-12-22 15:40 | 東京新聞を読んで | Trackback