憲法の良いとこ発見しませんか?


by sasakitosio

なぜ書き込む「愛国心」

 12月12日付東京新聞社説に、「なぜ書き込む「愛国心」 国家安保戦略」との見出しで、愛国心のことが記事になった。
 今日は、この社説を勉強することにした。
 社説は、「17日に閣議決定予定の国家安保戦略は、外交・防衛の中長期的な基本方針となるもので、はじめて策定される。安倍晋三首相はきのうの有識者懇談会で国家安保戦略を新しい防衛大綱と合わせて「今後の我が国の安全保障のありようを決定する歴史的な文書になる」と胸を張った。」と切り出した。
 つづいて社説は、「「国家」と銘打つ仰々しさは別にして、国民の生命と財産を守る責任を有する日本政府として、どう地域の安定を維持し、世界の平和に貢献するのか、情勢を的確に分析し、適切に備えるための文書をまとめる意義は認める。
 しかし、文書になぜ「愛国心」まで書き込む必要があるのか。最終的な文言は調整中だが、安全保障を支える国内の社会的基盤を強化するために「国を愛する心を育む」ことが必要だという。
 さらに社説は、「同戦略は、平和国家、専守防衛、非軍事大国、非核三原則などの基本方針を「堅持」するといいながら、日米同盟を強化し、日本の軍事的貢献を拡大する方向性も鮮明にした。武器輸出三原則の見直し検討も盛り込まれる見通しだ。
 すでに国家安保会議と特定秘密保護法が実現し、来年は集団的自衛権行使の容認、日米防衛協力のための指針(ガイドライン)見直しも予定される。」と指摘した。
 最後に社説は、「安倍首相が主導する安全保障政策の一連の見直しは、先の大戦の反省から戦後日本が歩んできた平和国家という「国のかたち」を根底から変えてしまいかねない。
 衆参で多数を得たからと言って何でも強引に進めていいわけではあるまい。「再び戦争ができる国にしてはいけない」という国民の痛切な叫びに、首相をはじめ政権幹部は謙虚に耳を傾けるべきである。」と、結んでいる。
 「愛国心」という言葉をきいたり、「戦争」という言葉を聞いたとき、いつも思うことがある。
 それらの言葉を、高らかに、声高に、為政者が使う時、為政者の「愛国心」は、どんなものなのか?
 為政者が「戦争できる国」といったときに、為政者本人は、戦線のどの位置に立つつもりでいるのか?
 ぜひ、聞いてみたいと思っていた。
 為政者たる者、つねに先憂後楽の士であってほしいと思う。
 為政者の愛国心は、「愛国民心」でなければならないと思う。
 愛国心教育は、被支配者ではなく、「為政者・公人」こそ、徹底的にしなければならないと思う。
 もし、「戦争」をつくってしまったら、時の為政者が「前線」にたって、闘い、真っ最初に犠牲になる「為政者」であってほしい。それが世の常識になれば、為政者は、「戦争をしない国」・「戦争のできない国」づくりに、汗を流すこと間違いないのではないか?。
 
[PR]
トラックバックURL : http://sasakitosi.exblog.jp/tb/20108286
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by sasakitosio | 2013-12-16 07:31 | 東京新聞を読んで | Trackback