憲法の良いとこ発見しませんか?


by sasakitosio

もんじゅの秘密

 12月10日付東京新聞29面に、「本音のコラム」という、署名入りの囲み記事がある。今日の筆者は、ルポライター・鎌田慧氏だ。
 筆者は、「福井県敦賀市の山腹に、灰色のガマガエルのようにうずくまっている「もんじゅ」は、かって「夢の増殖炉」と呼ばれていた。原発原料のプルトニュウムが無限にふえる、という触れ込みだったが事故続きで休止。すでに1兆円以上を空費した。
 青森県六ヶ所村の核燃料再処理工場とあわせて、安倍政権がまだやると言い募っているのは無責任すぎる。役立たずの廃船になった原子力船「むつ」の二の舞だ。」と切り出した。
 さらに筆者は、「三十数年前、敦賀市役所に就任したばかりの企画開発課原子力係長なる人物にあったとき、「賛成派か反対派かわからないからなにも言えない」と突っぱねられた そのころからもんじゅは、核兵器工場に転換される恐れがある、危険な秘密工場だったのだ。」と指摘した。
 最後に筆者は、「原子爆弾の原料になるプルトニウムの生産量は、特定秘密保護法によって秘密にされる。その輸送経路も秘密、市の職員も工場の労働者も「適性評価」の対象者として監視され、発言はチェックされる。「文殊菩薩」の名を騙るのは罰当たりだぞ。」と締めくくった。
「 もんじゅ」を、素材として、特定秘密保護法案の問題点を具体的に説明してくれた。法適用の具体を理解するのに役に立った。「自民、公明、政府」、三人よれば、もんじゅの悪知恵、違法秘密も隠せるぞ!!
[PR]
トラックバックURL : http://sasakitosi.exblog.jp/tb/20096443
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by sasakitosio | 2013-12-13 06:51 | 東京新聞を読んで | Trackback