憲法の良いとこ発見しませんか?


by sasakitosio

7年前の教訓

 11月27日東京新聞25面に、「本音コラム」という署名入りの囲み記事がある。今日の筆者は、文芸評論家・斎藤美奈子氏だ。
 筆者は、「与党とみんなの党の賛成多数で、特定秘密保護法案が衆院を通過した。 
 昨年12月の衆院選で安倍自民党を大勝させた結果がコレ、7月の参院選の「ねじれ」を解消させた結果がコレである。
 2006年12月、第一次安倍政権下で教育基本法改正案が強行採決された7年前を思い出す。」と切り出した。
 つづけて筆者は、「あの時も激しい反対運動がおこり、国会周辺で連日集会が行われていたにもかかわらず、国民の声は無視された。
 そのツケは今、ボディーブローのように効いている。新基本法に基づく学習指導要領の改定、教育委員会の教科書採択への介入。。第二次安倍政権は教科書検定制度の見直しまで言い出した。いずれも新基本法の「愛国心」条項に依拠している。」と、指摘した。
 さらに筆者は、「しかし、意気消沈するのはまだ早い。07年が明けると同時に安倍内閣では不祥事や失言が相次ぎ、党内からも改憲論への批判が噴出。参院選で自民党は大敗し、首相は辞任に追い込まれた。民意を無視した乱暴な国会運営は必ずしっぺ返しにあうのである。
 法案の審議過程で露呈した政府・与党の危険な体質。威勢のいいことを言っていたみんなの党と日本維新の会の予想以上のだらしなさ。<中略>
 参院での論戦はまだ続く。いつまでもあると思うな支持と権力、である。」と、締めくくった。
 いつもながら、面白く読んだ。新聞各紙が、これだけ真剣に取り組んでいるのに、なぜか、いつまでも続く「内閣支持率」の高さ。
これは一体なんなのだろうか?新聞を読まない「国民」が多いのではないか。そういう自分も、ブログに投稿するようになって、6か月余。新聞を、こんなに一生懸命読んだことはない。そして、記事を書く人たちの、調査力、分析力、洞察力、等等の豊富さに感心している。新聞は、知恵の宝庫であり、自分の好奇心をこれほど刺激してくれるものは、今のところ見当たらない。
 今日(30)の朝、NHKの深読みを、たまたま見ていたら、みんなの党・日本維新の会と与党の修正した「特定秘密保護法」の解説をしていた。報告する記者の「緊張感」が伝わってきたが、少しも「深くない」解説、にあきれた。と同時に、NHKはメディアに及ぼす、取材に及ぼす、特定秘密保護法の及ぼす、直接・間接の「破壊的な影響」について、何故語らないのだろうか、ものすごく疑問を感じた。料金を払って、大本営発表を、絶対聞きたくない。そもそもNHKは、この特定秘密保護法に、賛成なの?反対なの?労働組合は賛成なの?反対なの?
解説委員は賛成なの?反対なの?態度を明らかにしてほしい。
[PR]
トラックバックURL : http://sasakitosi.exblog.jp/tb/20042545
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by sasakitosio | 2013-11-30 12:32 | 東京新聞を読んで | Trackback