憲法の良いとこ発見しませんか?


by sasakitosio

秘密保護法案 「翼賛野党」の情けなさ

 11月22日付朝日新聞社説に、「秘密保護法案 「翼賛野党」の情けなさ」の見出しで、日本維新の会、みんなの党の秘密保護法に対する与党交渉が社説に載った。
 今日はこの社説で、勉強することにした。
社説は、「巨大与党の前に、あまりにも情けない野党の姿である。
 このままでは自民党の「補完勢力」どころか「翼賛野党」と言われても仕方あるまい。」と切り出した。
 つづけて社説は、「日本維新の会が、自民、公明の与党と、特定秘密保護法案の修正に合意した。みんなの党に続く妥協だ。
 いずれの修正も実質的な意味は乏しく、問題の根幹は全く変わっていない。」と厳しく批判した。
さらに社説は、「愕然とするのは、維新との修正合意で、特定秘密の指定期間が後退したことだ。維新は当初、「30年以上延長できない」と主張していた。ところが、合意では「60年たったら原則としての解除」と機関が2倍に延びてしまった。しかも、60年超えても延長できる)7項目の例外まで、できてしまった。
 まるで与党側の焼け太りだ。これでは維新もみんなの党も利用されるだけではないか。 維新は秘密指定できる行政機関を絞り込む案も主張したが、与党にはねつけられた。「首相が有識者の意見を聞いて政令で限定できる」との合意ではおよそ実効性に乏しい。
 秘密指定のチェックについても大きな疑問符が付く。法案の付則に「第三者機関の設置検討」を盛り込むことで合意したが、付則に書いても実現の保証はない。どんな機関になるのかも不明確で、期限も区切っていない。
 与党とみんなの党との合意では、首相が「第三者機関的観点」からかかわることで客観性が担保されるとした。最大の当事者を「第三者」とする意味不明。与党が真剣に受け止めているとは思えない。
 維新の内部からも「後退している」などの批判が噴出している。
 野党ではほかに、民主党が対案を出している。<中略>
 政府案との隔たりは大きい。そこを埋める努力もせず、4党の修正案で突き進むのは、巨大与党にすり寄っているとしか映らない。
 与党に都合のいい修正をするのが野党の役割でない。」と厳しく批判している。
 社説の批判は、当を得ている。みんなの党も、日本維新の会も、この程度の「思想と信念」だったのか。進退をかけたような真剣な議論が全く聞こえてこない。第三局とマスコミに持ち上げられ、選挙で底上げしてもらい、誕生した「議員」はやはり、時代の変わり目には不向きだったということか。
[PR]
トラックバックURL : http://sasakitosi.exblog.jp/tb/20023230
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by sasakitosio | 2013-11-25 13:51 | 朝日新聞を読んで | Trackback