憲法の良いとこ発見しませんか?


by sasakitosio

競争力強化法案 これが成長戦略の要か

 10月26日付東京新聞社説に、「競争力強化法案 これが成長戦略の要か」の見出しで、「第三の矢」についての記事が載った。
 今日はこの社説で勉強することにした。
 社説は、「政府が国会に提出した産業競争力強化法案は成長戦略の切り札との触れ込みに反し、失望感漂う内容だ。肝心の賃上げに結びつくような具体策は乏しく、アベノミクスの失速懸念が強まらないか」と懸念の切り出しだ。
 つづけて社説は、「法案の柱は、企業の重荷になっている供給過剰体制や過当競争をなくす「産業の新陳代謝」を促すことと、やる気のある企業に対して企業単位で規制を緩和する新たな制度を設けることである。しかし、問題なのは、ビジネス経験もなく企業経営について素人の官僚が、産業再編といった企業の命運を左右する分野に口出しする仕組みになっていることだ。」と指摘した。
 さらに、エルピーダメモリの件等の例を示しながら、社説は「失敗しても責任を負わない官が個別の経営に関与すべきでない。」と提言している。
 最後に社説は、「安倍首相はアベノミクスが正念場にあると危機感を持つべきだ。来年四月からの消費増税が決まり、物価上昇の動きは一段と加速しよう。賃金が上がらなければ国民生活は苦しくなるばかりである。――中略――地方の景気は相変わらず厳しく、デフレからの脱却は道半ばである。消費増税前の駆け込み需要や五兆円規模の経済対策頼みでは危うい。官僚任せ、官僚のやりたい放題のような成長戦略は早急に練り直すべきである。」と批判的に結んでいる。
 社説に共感する。しかし、福島第一原発の事故を目の前にし、いまだ終息しないのに、再稼働を画策している「政党」。それを支えながら「既得省益」を守ることに専念の「官僚」。二つが合わさったのが「政府」ですから、その政府に「成長戦略の練り直し」を期待しても、それは「無いものねだり」ではないか。
 
[PR]
トラックバックURL : http://sasakitosi.exblog.jp/tb/19901393
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by sasakitosio | 2013-10-31 14:12 | 東京新聞を読んで | Trackback