憲法の良いとこ発見しませんか?


by sasakitosio

核廃絶決議案12年連続提出

10月13日の朝日新聞朝刊に、日本政府が核軍縮を訴える決議案を軍縮・安全保障問題を協議する国連総会の第一委員会に提出するとのこと。核廃絶決議案は94年以来、毎年提出され、国連総会で圧倒的多数で採択されているとのこと。この課題は、継続することに意味があると思います。
 核兵器を持つ国と国民が不利益になることは、長い目で見れば誰にでも分かることだと思うのですが。まず製造・管理・更新・廃棄の全ての段階で、費用がかかります。あわせてそれに従事する人や処理場周辺で放射能被害がでない対策、及び被害が出た場合の対策に費用がかかります。平和利用なら、経費がいくらかは出ますが、核兵器の場合は100%税金で賄うしかありません。核兵器に係る税金を、減税するか、教育・文化の向上や社会資本の整備にあてることを何十年もつづければ、おのずと国家の間に、経済力・文化力・教育力等に格差がでてくるのは当然です。これは、軍事予算についても言える事だとおもいます。
 これも長い目で見れば、通信・交通手段の飛躍的な発展尾が進んでいる今日、世界の人類が気がつき国家・社会を動かすことになると、わたくしは期待をしています。出来ることなら、自分の生きている間に、戦争の無い世界が実現できれば有難いと思っています。そのために、一隅を照らす努力をし続けましょう。
[PR]
トラックバックURL : http://sasakitosi.exblog.jp/tb/1987660
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by sasakitosio | 2005-10-14 10:31 | 朝日新聞を読んで | Trackback